被爆クスノキ

 本校の運動場の片隅に大きなクスノキが立っています。クスノキは千年以上も育つ巨木です。これだけの大きさになるには相当な年数を費やしたと思われます。
 昭和20年の原子爆弾投下の爆風にも耐え、威風堂々とそびえ立っています。
大きな木の下には自然と子どもたちが集まってきます。 青々とした葉を茂らせています。 木漏れ日がきれいです。 登れないかな?