6月26日(木)来島,歯科医さん

 幼稚園,小中学校担当の歯科医さんが来られました。
 午前中は幼稚園での講演会がありましたが,それに先立って幼小合同のレクリェーションが行われました。保護者と先生方による「おくちパトロール隊VSむし歯忍者」のペープサート劇,食品に含まれる砂糖に関する○×クイズ,園児・児童の歌などがありました。
 午後からは,小中学校へ移動して,歯科検診と学校保健委員会が開かれました。本校では児童生徒による保健委員会が「軽度の歯肉炎ゼロ」を目指して活動をしています。
 園児・児童・生徒,保護者,地域と,歯の健康について考える1日となりました。

 

 

 


6月25日(水)被爆体験講話

 丸田和男先生を招いて被爆体験講話が行われました。
 中学2,3年生は,昨年度,ピースネット(インターネットによるテレビ会議)で,追悼平和祈念館の丸田先生,北海道の中学生との3点接続交流を行いました。
 小中学生を対象とした被爆体験講話では,ご自分の被爆体験を語られ,中学1年生当時に被爆した際,多くの学友を失ったので,その学友たちのためにも語り続けられているということでした。
 小学生が退席した後,交流のあった中学生との座談会が行われました。中学生は,昨年度の丸田先生との交流で影響を受けたこと,丸田先生から学んだことを発表し,丸田先生からのアドバイスをいただきました。
 子どもたちの中に,戦争や原爆は必要ない,身近なところから平和を見つけ,発信していこうという思いが改めて高まったようです。

 

 

 


6月24日(火)たんぽぽの会による読み語り

 幼稚園育友会「たんぽぽの会」による読み語りがありました。
 読んでいただいた本は「葉っぱのフレディ」。当日は朗読に合わせ,ピアノの先生による伴奏もあり,子どもたちが本の世界に引き込まれていきました。
 葉っぱに生まれたフレディの「変化」,そして「迎える死」。しかし,それは「永遠の命」へとつながること。低学年の子どもたちにとっては,少し難しいテーマでしたが,上級生や先生方,参観された保護者の皆さんは,フレディの一生に自分の将来や自分の姿を重ねながら,心に染みいく読み語りと音楽に聞き入っていました。


 

 


6月17日(火)西坂小交流学習「スペシャルハローデー」

 今年度,初めての西坂小学校との交流学習が行われました。
 西坂小学校との交流学習は3年目になります。西坂小学校の子どもたちも,本校の子どもたちの名前を呼んでくれ,温かく笑顔で迎えてくれました。これまでの交流で慣れ親しんだ子どもや初めての子どももすぐにうちとけていきました。

 今回は,市内の
ALTの先生方との交流活動でしたが,本校の子どもたちも,日頃からALTの先生と積極的に話しているので,楽しく活動をすることができました。

 今後も引き続いて西坂小学校の皆さんと交流を深めていきたいと思います。

 

 

 



6月7日(土)中学校 中総体1日目の様子

朝早くから、保護者や地域の方より声援を受けて港を出発し、
男女別に他校の団体戦を観戦しました。
 団体戦ならではの迫力ある試合や応援に刺激を受け、明日以降
行われる個人戦に向け、意欲を増して戻ってきました。
 選手の皆さん、全力を尽くして頑張ってください!!