6月5日(水)中総体推戴式

昨年度,高島中学校が復校し,2年ぶりに中総体参加となります。
男子3名,女子1名の計4名の選手がバドミントン競技に出場します。力強く入場した選手たちが,自分の決意を漢字1文字に託して発表しました。選手に対して、校長先生からは、緊張しないコツや周囲への感謝の気持ちを持とうというお話がありました。
後輩の小学生たちが応援団を結成し、応援旗と共にかわいらしいエールを送りました。
どの子にとっても初めての中総体。高島の代表として全力を尽くしてもらいたいと思います。


 


  

  

  


6月8(土)・9(日)・10(月)日 中総体

2年ぶりの中総体参加となりました。男子は緑が丘中学校、女子は三菱総合体育館で行われました。結果は男子3名が初戦敗退。女子1名が3回戦敗退となりました。悔しい結果でしたが、接戦する場面もたくさんありました。それぞれの選手は来年、再来年に向けて新たな目標を持ったと話してくれました。

また会場での応援やマナーなども意識し、中学生らしいたち振る舞いでした。バトミントンの技術だけでなく、応援姿勢などたくさんの学びがあったようでした。全校朝会の時には小学生に報告も行いました。これからの学校生活に生かしていってほしいと思います。












6月11日(火)トマトもぎ体験

今年も崎永海運トマト事業部の皆さんにお世話になって,幼稚園と高島トマトもぎ体験をさせていただきました。
園児とペア,トリオになり,収穫をしました。園児の手の届かないところは抱っこしてやったり,採ってやったりと,お兄さん,お姉さんらしいところを見せていました。
いつも甘くておいしいトマトをいただいていますが,自分たちも学校で育てているトマトをしっかりお世話をしようという気持ちを抱いていました。

 

 

 


6月13日(木) AED講習会

AED講習会が長崎市消防局員の指導のもと行われました。まず、DVD鑑賞。AEDがなかった頃のお話やAEDを使って救助された人の話があり、心に迫るものがありました。次の実技講習では器具を使い、AEDの手順を確認しました。みんな30回の胸骨圧迫に汗をかいていました。最後に消防局の方へのお礼の言葉を述べ、講習会は終了しました。

生徒たちの感想では、「AED講習会はとてもいい経験になりました。」や「いつ目の前で人が倒れるか分からないので、その時は今日教えてもらったことを思い出して、進んで行おうと思いました。」など、有意義な時間だったようです。







6月17日(月) モモ収穫体験

今年も地域の方にお世話になって,幼稚園とモモの収穫をさせていただきました。甘く実ったモモやイクリをその場で味わいながら収穫しました。
トマトもぎ体験のときと同じように,小学生が園児のお世話をしながら,枝の間を手を引いて誘導したり,高いところのモモの実をとったりしていました。
小学生は園児と活動するときに,余計に優しい顔になり,優しい言葉をかけています。高島の自然と子どもたちの優しさにふれた,とても甘い時間でした。


  

  

6月19日(水) 西坂小交流

スペシャルハローデーが行われる西坂小学校に交流に行ってきました。1校時には各学級での顔合わせがあり、2校時は体育館で7人のALTの先生方を招いて全体で歓迎会でした。3校時は低学年、4校時は中学年、5校時は高学年とそれぞれALTの先生方とゲームをしたり、英語で会話をしたりと楽しい時間を過ごしました。


 

 

 

 

 

 

6月24日(月) 全校道徳授業公開・学級PTA

本日6月24日〜29日まで「高島っ子の心を見つめる教育週間」が始まりました。第1日目は「集団登校」「全校道徳授業公開」「学級PTA」が行われました。「命を大切にし、他人を思いやる心豊かな高島っ子」を育てることを目指しております。この機会に子どもたちは「命」や「思いやり」について考えを深めていたと思います。


 

 

 

6月26日(水) 被爆体験講話

長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄さんをお招きして、被爆体験講話を実施しました。谷口さんは当時自転車に乗って郵便配達中に被爆され、背中に大きな火傷を負われました。当時の長崎の様子やこれからも平和を訴え続けることが大切だと話して頂きました。子どもたちも普段感じることのできない体験談に、真剣な表情で講話に耳を傾けていました。







6月28日(金) 給食試食会

給食試食会が本校ランチルームで行われました。地域の方々が来て下さり、子どもたちと教職員と一緒に給食をいただきました。
メニューはシーフードカレーです。具だくさんでほどよい辛さでした。食事中は子どもたちとみんなで会話も楽しみました。子どもたちも満足気な表情を浮かべていました。