平和の灯コンサート
 
 長崎原爆の日を翌日に控えた8日夜,平和公園では毎年平和の灯コンサートが開かれています。「二度と戦争が起こりませんように」「友達となかよくします」県内外の子ども達が平和への願いを書いた約4000本のキャンドルが優しく平和公園を灯す中,城山小学校の6年生もコンサートで「子らのみ魂よ」を歌いました。
   
   
   
   
   
   

灯コンサートに寄せて〜児童の発表より〜  

 長崎に原子爆弾が落とされてから,71回目の夏を迎えました。
私たちの通う城山小学校では,原爆の被害により,1400名あまりの子どもたち,28名の先生方が,尊い命を失われました。

 私たちは城山小学校で学ぶ中で,命の尊さ,平和の大切さを知りました。私たちの周りにある全てのものに,平和への願いがあることを知りました。
 
 これから歌う「子らのみ魂よ」は,城山小学校で学ぶ私たちの,平和への願いであり,誓いであります。また,平和への発信でもあります。今日は,6年生の私たちが平和への思いを込めて歌います。

 先生よ 子らのみ魂よ 安らぎて 永久にましませ
 灯コンサートでの歌声はこちら 
 音声が出ますのでご注意ください。