薬物乱用防止教室!!

 12月20日(水)薬物乱用防止教室に参加しました。講師の先生が,城山小に来られ
て,薬物の危険性やその後の人生に与える悪影響を話をしてくださいました。
   
本日の講師の先生です。長崎市の生活
衛生課の方が来てくださりました。
 
薬物と毒は関係があります。毒トカゲの毒は、糖尿病の治療に、毒蛇の毒は、血栓防止に使われます。しかし、処方を誤ると
薬も毒になることを知りました。
   
 薬物を使用すると,脳に大きなダメージを与えます。薬物を使用しすぎた人は、文字も満足に書けません。  薬物の怖さの実験。シンナーを使うと
発砲スチロールはあっという間に溶け
ました。これを人間の脳で考えると・・
 
 薬物を使用すると,抜けられない,やめられない。
誘われてもダメと言える脳にしよう
<児童によるお礼の言葉>

具体的に例を挙げながら,説明して
くださったので,薬物の恐怖について
理解できました。好奇心などから手を
出さず,強い意志で断っていきます!
講師の先生,本当にありがとうござい
ました
 
   
 <薬物に手を出してしまわないように…教えてもらった7ヶ条>
  ・自分に自信をもとう!
  ・仲間を信じよう!
  ・本音を出せる人になろう!
  ・自分を大事にしよう!
  ・知ることから始めよう!
  ・NOと言える人になろう
  ・周りの人となかよくしよう!