1月の様子

1月9日 (火)

 昨日までは比較的暖かい気候でしたが,今日は雪の予報も出る程の肌寒い中での3学期のスタートとなりました。
 始業式では1年生の代表の子どもたちが発表をしました。2学期にがんばったことや冬休みの思い出,3学期にがんばりたいことなどを,全校の前で堂々と発表することができました。
 教室では,席替えをしたり,係活動を決めたりしました。「じゃんけん列車」や「フルーツバスケット」,「カルタ」などをして久しぶりにみんなで楽しく遊ぶ時間もあり,賑やかな子どもたちの声がどの教室からも聞こえてきました。
 子どもたちの元気いっぱいの声に学校も動き出した感じがします。明日からは給食も始まり,3学期の学習が本格的にスタートします。今年ももよろしくお願いします。
 
 
 
1月10日(水)

 
 みぞれまじりの激しい雨が降る寒い一日でした。今日の平和祈念式も屋外での平和学習,献花,黙祷はできませんでした。
 そんな寒い日に嬉しいのが温かい給食です。今日の給食のメニューは温かい具雑煮と紅白なます,ぶりの唐揚げとお正月料理でした。
 具雑煮は島原の郷土料理として有名ですが,今から500年ほど前,いわゆる「島原の乱」で,原城に立てこもった天草四郎とその仲間は,城に蓄えてあった餅や野菜などの食料を使って雑煮を作り,何ヶ月も戦ったそうです。これが具雑煮のはじまりだそうです。
 遙か昔の出来事や人々に思いを馳せておいしくいただきました。
 

1月11日(木)

 朝起きると雪景色の長崎市でした。子どもたちは,朝登校するやいなや外に飛び出して雪遊びを始めていました。
 カメラをもって子どもたちの様子を撮影していたら,臨まない雪合戦に巻き込まれてしまいました(笑)雪はすぐに溶けていましたが,年に一度あるかないかの雪を楽しんでいました。
 明日も雪の予報です。まだ,どのような状況になるかはわかりませんが,登校の際は十分気をつけさせてください。
 また,一斉メールやプリント等でお知らせしましたが,明日は長崎市内の給食が中止となりましたのでお弁当となります。準備をよろしくお願いします。
 
 
 
1月12日(金)

 年に一度あるかないかの雪の日が2日続きました。あまり経験のないことです。今日は,長崎市内全学校の給食が停止ということで,急遽お弁当の日となりました。準備ありがとうございました。
 お弁当の日は子どもたちはとても嬉しいようで,3時間目が終わる頃から「次がお弁当の時間やったっけ?」とそわそわし始めたり「僕のお弁当みかんが2個入ってるよ」「私のは二段(重ね)弁当だよ」とお弁当の話が尽きませんでした。
 お弁当を作っていただいたので,今日は,通常通り学習ができました。お弁当の力は偉大です。ありがとうございました。
 
1月15日(月)

 国語「ことばって,おもしろいな ものの名まえ」の学習では,ものの名前には「さかな」や「くだもの」など「まとめてつけられた名前」と「あじ」「さば」「たい」など「ひとつひとつの名前」があることを学習しました。
 学習のまとめとして,学習したことを生かしてお店屋さんごっこをします。「まとめてつけられた名前」がお店の名前になり,「ひとつひとつの名前」が商品の名前になります。お店屋さんとお客さんの話し方も練習し,みんなお店屋さんごっこを楽しんでいました。 
 
 
 
1月16日(火)

 今日は朝から図書ボランティアシロクマさんによる読み聞かせがありました。今日の読み聞かせはいつもと少し趣が違っていて,集会室で1年生全員を対象にした読み聞かせでした。さらに,絵本を開いての読み聞かせではなく,素話(すばなし)による読み聞かせでした。
 「素話」とは,お話を覚えて語ることです。ストーリーテーリング(storytelling)とも言います。子どもに絵本を見せながら読む「読み聞かせ」とは違い,「素話」は,お話をまるごと暗記して,子どもに向けて語り聞かせます。
 今日のお話は「ゆきむすめ(ゆきんこ)」でした。素話ですのでもちろん語りだけなのですが,素晴らしい語りに,あっという間にお話の世界に引き込まれました。
 お話の後の「雪だるまの数え歌」「おもちの数え歌」もとてもおもしろかったです。
 
1月17日(水)

 図工「はこかざるんるん」の製作活動です。空き箱や紙袋に折り紙やモールなどで飾り付けをしています。「このリボンの形かわいいね!!」「ピエロの顔みたい!!」と友達と話をしながら楽しそうに作ったり,集中して黙々と自分の世界に入ったり,思い思いの飾り付けをみんな楽しそうにしていました。
 どんな作品が仕上がったか,持ち帰るのを楽しみにしていてください。 
 
 

1月18日(木)

 明日は地域の老人会の方々と昔遊びにチャレンジします。今日はそのためのはじめの会や終わりの会の練習を学年で行いました。「こまのヒモの巻き方をならいたい」「あやとりでいろんな形を教わりたい」「ゴム跳びをやってみたい」と子どもたちも明日をとても楽しみにしているようです。
 1月19日(金)

 待ちに待った「昔遊びにチャレンジする会」の日でした。地域の老人会の方々を昔遊びの名人としてお招きしてめんこ,おはじき,こままわしなどの昔遊びにチャレンジしました。
 名人のみなさんからこつを一つ一つ教えてもらいながら短い時間の中で楽しさを知ったり,できるようになったりしていました。
 お越しくださいました老人会の皆様,ありがとうございました。テレビゲームにはない楽しさを人と人とのふれあいを通したり,体全体を働かせたりしながら感じていました。このような体験は今後の子どもたちの生活に生かされることでしょう。
 終わりの会では,ご指導いただいたお礼に校歌を歌いました。城山小学校の卒業生の方も多く,いっしょに歌われていました。 
 
 
 
1月22日(月)

「あら今日はお肉の特売日だわ」とチラシをチェックしているわけではありません。国語「かたかなのかたち」の学習の様子です。身の回りにある物の中から片仮名で書く言葉を集めているところです。
 この学習では,形の似ている平仮名と片仮名や,形の似ている片仮名と片仮名の違いにも目を向けさせノートに練習しました。2学期は訂正することが多かった「シ」と「ツ」,「ソ」と「ン」などの似ている片仮名も,区別をして書けるようになってきました。

1月23日(火)

 1月24日から30日までの一週間は,「全国学校給食週間」です。給食の歴史や食べ物について考える週間です。今日は城山タイムに校内放送を使って給食集会がありました。バランスの良い食事をとることの大切さを給食委員会の子どもたちが伝えてくれました。
 食べ物は,私たちの口に入るまでに,たくさんの人たちの手を通ってきています。 学校でも,この機会にお世話になっている人たちの仕事について考えてみたいと思います。
 また,昔の給食はどんな給食だったのか,ご家庭で話をしてみるのもいいかもしれませんね。

【給食豆知識】
 昨日1月22日はカレーの日でした。1982年に全国の小中学校で一斉にカレーが出されたことにちなんで決められたそうです。
 また,毎月22日はショートケーキの日でもあるそうです。これは,昨日のお昼の放送で出されたクイズです。どうしてショートケーキの日なのか?なるほど!という理由でした。ちょっと考えてみてください。答えは,明日のホームページでお知らせします。
 
 

1月24日(水)
 
 算数「大きいかず」の学習ですごろく遊びをしました。子どもたち同士で約束を決め,自由に遊びました。すごろくはふりだしが0,あがりが100になっていて,遊びながら100までの数を勉強するようになっています。算数の教科書の最後の方にあるすごろくです。お家の方でもよかったらいっしょに取り組んでみてください。

 昨日の問題の答えです。ショートケーキと言えばイチゴが上に乗ったケーキを頭に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?カレンダーでは22日の上は必ず15日です。上に必ず15(イチゴ)が乗っているということで毎月22日はショートケーキの日となっているそうです。 

1月25日(木)

 生活科「かぜであそんだよ」では,風と仲良くできるおもちゃを作って遊ぼうということでたこを作りました。 
 「明日たこあげをしよう」と今日は2組が,たこに思い思いの絵や文字を書いていました。
 ♪たーこーたーこーあーがーれー♪天まであーがれー♪みんなのたこが風に乗って高くあがるといいですね。
 
 1月26日(金)

 気温0度という寒い日でしたが,天気はよく, 適度な風が吹き,絶好のたこあげ日和でした。広い運動場を元気いっぱい走り回り,たこあげを楽しみました。
 が,広い運動場でどうしてそんな木のあるはしっこにいってしまうのか・・・。たこあげの後半は木に引っかかったたこをとったり,そうこうしているうちに友達と糸を絡めてしまったりとハプニングも続出しましたが,子どもたちは「昼休みもやっていいですか?」「家に持って帰って早く遊びたい」とまたやりたい気持ちでいっぱいだったようです。
 しばらく学校で遊んだあとは持ち帰りますので,お休みのときにでもいっしょに遊んでみてください。稲佐山や水辺の森公園でもよくたこが上がっています。(長崎では「たこ」のことを「はた」と言いますね。)

  1月29日(月)

 今日から平和学習が本格的に始まりました。1年生は主に「嘉代子桜」について学習します。今日は「城山小学校にある『平和』がつくものには,どんなものがあるでしょうか」という問いかけに,子どもたちはこれまでの学校生活の中で知った「平和」とつくものをたくさん考え発表しました。
 「平和坂」「平和祈念館」「平和祈念式」「平和は城山から」「世界の平和ここにあり(校歌)」などなど城山小学校には「平和」とつく場所や行事,言葉や歌詞がたくさんあります。
 「平和とつくものがたくさんある」「どうしてこんなにあるのかな?」「もっと見つけてみたい」などなど出された言葉を見て子どもたちは思ったことや気付いたとがたくさんあったようです。
 
 
 
1月30日(火)

 平和学習2回目です。城山小学校には「平和」とつくものがたくさんあります。昨日の学習ではそのことを子どもたちと確かめました。
 今日は,「城山小学校にはどうして『平和』とつくものが多いのだろう」と,その理由について子どもたちは考えました。

・「原爆が落とされた学校だから,平和が続くように『平和』が多い」
・「平和になってほしいと思っているから」
・「平和になると心が温かくなるから」
・「みんなに平和のことをしってもらいたいから」
・「城山小学校でたくさんの人が亡くなったから」
・「亡くなった人たちの願いは『平和』だから」
・「城山小学校が一番平和な学校だから」

 などなど,たくさん考えることができました。

 ご家庭でも「城山小学校には『平和』ってつくものが多いんだってね。どんなものがあるか教えて?」「なんで『平和』ってつくものが多いのかなぁ?」と話題にしてみませんか。家庭でも話題にすることで子どもたちの興味が高まり,学びがもっと深くなります。よろしくお願いします。

1月31日(水)

 今日の平和学習は「嘉代子ざくら」の紙芝居の読み語りでした。お話を聞いて子どもたちは

「お母さんが嘉代子さんのことを大切に思っていたから嘉代子桜を植えたんだ」
「70年間草木も生えないと言われていたのに,嘉代子桜が大きく育ったのは嘉代子さんやお母さんの願いがあったからだと思った」
「嘉代子さんの学校の先生になりたいという夢が叶わなかったのが悲しかった」などなど・・・。

 子どもたちなりに思ったことや考えたことをプリントに書いていました。
 お話の中で出てきた「防空ずきん」や嘉代子さんの写真が平和祈念館にあることを紹介したところ,お昼休みに祈念館を訪れている1年生もたくさんいました。祈念館は土曜日も開いていますので,この機会にぜひ,子どもたちと一緒に足を運んでみてください。
 この後,1年生ではこの紙芝居をもとに劇を作り,平和学習発表会で発表します。