◎10月の全校朝会◎   
 平成29年 10月3日(火)
<校長先生のお話>

 10月に入ってすぐ、詩の検定を受けに来た人がとても多く、185人の人が合格しました。とてもうれしかったことを伝えました。
 次に、「ひびきあう」2学期の話。的当てを例にとって話を進めました。小さな真ん中の的を狙うには、ある程度の目標が必要。そのある程度の目標が授業におけるめあてであり、めあてに向かって学習を進めることが大切であることを、ホワイトボードに貼った磁石とフラフープを使って説明しました。
 的(学習におけるめあてやねらい)に当てるために、どこを狙えばいいのか、何を勉強すればいいのか、自分自身でよく考えることが大切。そして、友達と対話をすることが、よりめあてに近づき、ねらいを達成させやすいこと。それが、学習面でのひびきあいということを伝え、友達同士で対話をし、お互いにひびきあおうと締めくくりました。
   
 
<生活目標の話> 

 4年生児童と先生方による10月の生活目標のお話。
 まず,4年生がトイレのスリッパの「きちんとした並べ方」についての寸劇を行いました。
 10月の生活目標は「スリッパならべて心もスッキリ」
 はき物をそろえることは、心をそろえることつながる。ちょっとした心遣いで,スリッパがきれいになるし,心も気持ちよくなることを伝えました。