このページは、主に式見で見られる生物などを紹介しています。式見は地域全体が自然に囲まれているので、校舎から外に出ると、様々な生物に出会います。このページでは、式見川の様子を紹介しています。生物の紹介は少しずつ行っていきます。
 式見ダムより上流の様子。渕と瀬が連続しています。ここではサワガニが多く見られます。  ここの渕にはミナミヌマエビが生息しています。隣接河川での生息が確認できないので、放流によるものと考えられます。
 式見ダム堰堤の様子。この堰堤を越えて上流で生息できるのは、ヒラテテナガエビと、トゲナシヌマエビのみです。  河口から1キロメートル付近の様子。ここには、アカテガニやベンケイガニなどイワガニ科のカニが見られます。
 汽水域上端部。最近河川改修工事が入り、土砂を取り除いています。 河口付近です。どこの河川でも見られる、ケフサイソガニやカノコガイなどが多く見られるポイントです。

                      生 物 写 真 館

魚の紹介@

魚の紹介A

魚の紹介B

エビの紹介@

エビの紹介A

カニの紹介@

カニの紹介A

貝の紹介@

貝の紹介A

貝の紹介B

貝の紹介C

両生類の紹介

カエルの産卵ラッシュ

昆虫の紹介

その他の生物写真館

式見の自然に戻る
ホームへ