ここでは、式見川に生息する魚類(主に式見ダムより上と直下で見られる)を紹介しています。熱帯魚のように大変きれいな魚もいますね。

タカハヤ

 標高の比較的高いところを流れる河川上流に生息します。「アブラメ」と呼ぶ人もいます。相川川には生息していません。

 シマヨシノボリ

 オスの個体です。なかなか上品な美しさがありますが、繁殖期のメスは腹部が青色に発色し、さらに美しいのです!

カワムツ

 いわゆる、ハヤと呼ばれているものです。オスの個体はあごから腹部にかけて赤い発色が見られます。長崎ではオイカワもハヤと呼んでいるようです。

メダカ

 メダカがめっきり見られなくなってきています。市内でも数箇所だけです。式見はわずかではありますが生息しています。大切にしたいものです。

アユ

 個体数は多くありませんが、式見川・相川川で見られます。「清流の女王」といわれますが、コンクリート三面張りでなければ、どの河川でも見られます。

ブルーギル

 式見ダムで多く見られましたが、最近は式見川にも降りてくるようになりました。非常に厄介な外来種です。

1つ前に戻る
ホーム