ここに挙げた貝類はすべて式見川下流や河口付近そして式見港外の海岸で見られた貝を紹介しています。それぞれ生息域が異なる貝ばかりです。また,生貝もあれば貝殻のみ採集したものもあります。
 
タケノコカワニナ

 式見川下流1畳ほどの泥質の底に生息が確認されましたが,浚渫工事により今では見られません。

ミヤコドリ

 式見川河口でわずかながら生息しています。貝の肉の部分は血の色です。内湾性の泥干潟を好みます。

アワブネ

 貝殻を見かけました。サザエの蓋みたいですが,これもきちんとした貝です。

イシダタミ

 どこの岩場にも防波堤にもいる貝です。名前の通り,石を敷き詰めたような模様になっています。食用になりおいしいです。

カラマツガイ

岩場で普通に見かける種です。

クジャクガイ

 死貝です。だいぶ表面の色が落ちてしまったようです。イガイ科の貝は美しい光沢をもっています。この貝の裏もとてもきれいな色でした。

1つ前に戻る
ホーム