孵化後海に降り、浮遊生活を送りながら成長し、数回の変態の後に遡上を開始します。ですから、これらの種は一旦海から川を上ってきたということになります。滝の上にいれば滝も登ったということになりますね。 

ヒメヌマエビ

 全体的にワインレッドの体色をしています。背中に明るい縦縞が入るタイプです。式見ではダムの堰堤より下流で見られます。 

ヒメヌマエビ

 ヒメヌマエビの横縞型です。左の写真の個体と比較してみれば一目瞭然ですね。こちらの個体は大変美しかったです。

 

ミゾレヌマエビ

 式見で見られるヌマエビの仲間で最もスマートな体型をしています。写真はメスの個体で抱卵しています。

 ヤマトヌマエビ

式見川ではあまり多くはありません。おそらくダムの影響でしょう・・・。成体にとって生息に適した場所はダムより上なのです。

   
テッピウエビの仲間

 テッポウエビの仲間の同定はページ作成者にはできませんでした。式見川河口に生息しています。

イソスジエビと思われる個体

 式見川の河口には、スジエビの仲間が2種類生息しているようです。スジエビモドキとイソスジエビです。この個体はスジエビモドキの特徴をもっていませんでした。

1つ前に戻る
ホームへ