学校の木 [エノキ]
長崎市指定天然記念物

 

式見のエノキ

 

指定年月日

平成10年4月30日

 このエノキは,樹高17m,幹回り5.8mあり,高さ1.7mのところから幹は3つに分かれ,そのうちの1つの幹は周囲2.8mの大きさであり,樹齢300年以上と推定されている。

 三根山の山林の中にあった自然木であるが,その場所が,三根城,城山旧庄屋跡,戸長役場,式見小学校と移り変わる中,他の雑木が伐採されたのに対し,この木は庄屋や戸長役場のように政治的に重要な場所の目印として,残されたものと考えられる。

 また,エノキが旧街道の境界木として保存されてきたとも考えられる。

トップページへ > 学校の木えのき

長崎市立式見小学校