トップページへ > 学校沿革誌

学校沿革誌

明治  7年 3月 鼻崎郷字城山に公立式見小学校創立
    22年 5月 校舎を里郷城山に移転
    41年 4月 学制改正により義務教育年限6年、修業年限2年の高等科設置
式見尋常小学校と改称
昭和 22年 4月 6 ・ 3制の実施により式見村立式見小学校
    23年 4月 式見小学校育友会設立
    32年11月 創立80周年記念事業として校歌制定, 放送・理科・体育等の設備充実
    37年 1月 式見村が長崎市に編入 校名を長崎市立式見小学校と改称
    39年11月 長崎市教育委員会委託 国科語研究発表会
    40年10月 創立90周年記念式典挙行(施設・備品充実)
    41年 4月 特殊学級開設
    43年 2月 長崎市教育委員会委託グループ指定(国語)
    43年 5月 長崎市教育委員会委託グループ指定(特別活動)

    47年 4月

給食室を新設し完全給食実施
    51年 3月 創立100周年記念式典挙行(記念碑建立)
    53年 3月 室内体育館完成
    56年 4月 陸橋完成
    60年 1月 校舎改築・プール新設工事完了
平成  3年10月 長崎市教育委員会体育本発表会
     6年11月 創立120周年記念式典挙行(記念植樹)
     8年 5月 「よい歯の健康推進事業」の指定を受ける。
    10年 4月 「えのき」長崎市天然記念物指定

トップページへ > 学校沿革誌

長崎市立式見小学校