学校の沿革

昭和24年 4月 1日 川原,為石,蚊焼組合立岳南中学校として発足
昭和30年 2月11日 旧三村合併町制施行三和町として発足,
よって校名を三和町立三和中学校と改称
昭和45年 5月 4日 新校舎完成
昭和46年 4月12日 体育館落成
昭和51年11月7日 25メートルプール完成
昭和55年3月30日 柔剣道場落成
昭和60年9月30日 運動場改良拡張工事
昭和62年3月10日 校舎増築完成 (特別教室)  生徒数 642 名
平成 3年 4月 4日 プレハブ校舎増築    生徒数 676 名
平成17年 1月 4日 市町村合併により,長崎市立三和中学校と改称
生徒数 387 名
平成22年11月30日 校舎耐震工事終了
 平成25年2月28日 校舎屋上防水工事,体育館屋根,武道場屋根ふき替え工事
平成25年3月25日 プレハブ校舎解体工事 
 平成26年8月4日 第27回九州中学校ラグビーフットボール競技大会優勝 
 平成26年
   9月13日〜15日
 第5回全国ラグビーフットボール大会出場 初勝利
 平成27日4月1日 特別支援学級(情緒)設置
普通学級7 特別支援学級 2 計 9学級 生徒数 227 名