研究授業(5年生 算数)   2016.05.30,31
長崎大学の大学院生が,5年生の教室に,毎週火曜日に手伝いをしにきてくれています。
(運動会にも参加して,決勝係として活躍してくれました。)
今回,算数「小数÷小数」のひっ算の仕方を指導することになり,2組(30日),1組(31日)の両方で授業をしました。
理解の度合いをはかりながら,丁寧に指導する姿に,子どもたちも応えていました。
若いのになかなか頼もしい大学院生なのです。
 2組での指導の様子
 1組での指導の様子 
  児童の様子へ  TOPへ