長崎市立桜が丘小学校

正面玄関
玄関の花々と共に飛び込んでくるのが,
すばらしいデザインの校舎
「一目見ただけでは,学校とは思えない。」と
もらす人も多いようです。 

校舎真ん中にある中庭。中央には大きな筒状のオブジェがまっすぐ空へと伸びています。
ここは,図書室の一部で,子どもたちが自然の空気を吸い込みながらゆったりとした気持ちで読書に親しめるように工夫されています。

窓を開けると,岩屋山がすぐ横に望めます。
桜が丘小学校は,小江原の丘のとても自然環境すばらしい位置にあるのです。

校舎内部の様子。
普通教室はすべてオープンスペースとなっています。
床は,じゅうたんになっています。
ワークスペースと呼ばれるこの場所では,システムテーブルを自在に動かし座って学習でる環境にあります。
また,各階ごとに,メディアルームが設置されています。

図書室
図書室もオープンスペースとなっています。
子どもたちは,様々な姿勢でくつろぎながら,自然に本と親しんでいます。
図書ボランティアの方による「絵本の読み聞かせ会」も,定期的に開催されています。

桜が丘水族館
熱帯魚,金魚が飼育されています。また,外の池では,亀や鯉も泳いでいます。

玄関にあるステンドグラス
子どもたちをいつも明るく迎える玄関ホール。
このホールには,とても美しいステンドグラスがあります。
ステンドグラスに光が当たり,美しい光が玄関ホールに差し込んでいます。

玄関ホール
吹き抜け構造の玄関ホールには,ベンチもあり,子どもたちのふれあいの場となっています。天井までの高さはとても高く,とてものびのびとした空間をかもしだしています。

25mプール
自動作動式シャワーが設置されているなど,充実した設備が施されています。

前庭
パーゴラと呼ばれるこの場所は,本校児童のみならず,地区の方々の憩いの場所にもなっています。