令和2年8月21日(金) 夏の思い出

今日は、登校日。

静かだった学校が、朝から活気に満ちています。

朝の時間は、全校放送です。

今日は、教頭先生の話です。

題は、小学校時代の「夏の思い出」

教頭先生が小学生だった頃、夏休みに出会った一冊の本についての話でした。

昔々、生き物をつくった神様が、その生き物たちの寿命を何年にするか考えていました。

大体、30年くらいでいいかな。ロバ、犬、猿、人間に意見を聞いてみました。

30年よりもっと長生きしたいと言ったのは、人間だけでした。

そこで人間の寿命は、30年から70年に伸びることとなりました。
というお話です。
グリム童話の中にある「寿命のお話」。
教頭先生の夏の思い出になった素敵な一冊です。

この後、6年生は、来週実施する修学旅行の打ち合わせをしていました。

この旅行が6年生にとって夏の素敵な思い出になりますように。

令和2年8月9日(日) 平和を願う

朝の玄関前。

ひまわりの花が美しく咲いています。

今日は「ながさき平和の日」。

久しぶりに子供たちが登校してきました。

今から75年前の8月9日。

長崎市に原子爆弾が落とされ、自然や建物が一気に破壊されました。

そして、たくさんの人たちの大切な大切な命がなくなったのです。

今でも、原子爆弾を受けて重い病気にかかり、苦しんでいる人もいます。

戦争は、絶対にしてはならないこと。

平和の大切さ。

改めて、みんなで確かめあうことができました。

平和の大切さを発信できる人になります。

命を大切にできる人になります。

だれにも優しくできる人になります。

平和な世界をつくるために、自分たちができる身近なことから始めましょう。

令和2年8月1日(土)~8月31日(月)
夏休み




安全で、楽しく充実した夏休みを過ごしてください。

夏休みの登校日は、
8月9日(日)と、8月21日(金)です。