2019年7月2日(火)
小主人報小学校の皆さんとの交流会






 7月2日(火)に、中国の小主人報小学校から33名の修学旅行団の皆さんと交流しました。
 この小主人報小学校は、将来、報道関係の仕事について学びたい子ども達が通う学校だそうです。
 西坂小学校の5・6年生でお迎えしました。
 全体司会を6年生の由奈さんと琴音さんが努めてくれました。そして、今年は、まさにうってつけ、ギチン君が中国語での司会を努めてくれました。
 花さんと琴音さんが日本語で話した後に、ギチン君が中国語で話します。
 まさに、国際会議のようで、メチャクチャ格好良かったです。
 交流会では、ゲームでウォーミングアップの後、5年生が平和学習についてのプレゼンを、6年生が日本と中国の文化についてのプレゼンを披露しました。
 ゲームとはうってかわって、静かな中にも内容の濃い交流ができました。
 とてもよい機会を与えてくださった関係者の皆様に、「謝々!」の一日でした。
2019年6月25日(火)
スペシャルハローデー






 6月25日(火)に、毎年恒例のスペシャルハローデーを実施しました。この日は、高島小学校のお友達も一緒に参加しました。
 今年は、シンガポール、南アフリカ、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア、アメリカ、イギリス出身の7名のALTに来ていただきました。
 まず最初に、体育館で全校児童が集まっての顔合わせ会です。
 6年生が、歓迎の言葉をジェスチャー付きで、堂々と発表しました。
 そして、“Hello♪”の歌を歓迎の気持ちを込めて全員で歌いました。
 私(校長)からの挨拶では、日本語と英語の発音の違いに気を付けて聞くように話しました。
 そしたら、子ども達って凄いんですよね。その違いに注意しながらしっかりと聞き取ることができていました。
 子ども達の中には、英語を聴き取る耳と心がしっかりと育っています。本当に感心しました。
 全体での顔合わせが済んだ後は、低中高別に、1時間ずつの交流を楽しみました。給食も一緒に食べました。
 何よりめいっぱい楽しみながら、ALTとの交流を満喫した子ども達でした。
2019年6月11日(水)
EE-Time「ありがとうメルヴィン先生」






 昨年度から約一年間という短い間でしたが、西坂小学校で英語の勉強を手伝ってくださったメルヴィン先生が、6月15日をもってカナダに帰国されることになりました。
 最初の頃は、少し恥ずかしそうでぎこちない感じで、子どもや先生とやりとりをしていましたが、いつの頃からか軽い「オヤジギャグ」まで飛び出すようになってきました。昨年までいらっしゃった野口先生とのコンビは、なかなかの絶妙トークで子ども達の人気でした。
 また、今年は岩塚先生との新コンビ結成(?)で、もうどうにも手の付けられないほどの暴走がしばしば見られました…。(-_-)
 メルヴィン先生は、子ども達のことを真っ先に考えてくださり、本当に楽しい英語の時間を創ってくださいました。子ども達の心にしっかりと残る素晴らしい先生とのお別れは辛いのですが、メルヴィン先生の輝かしい前途をお祈りしたいと思います。
2019年6月3日(月)
プール清掃






 6月3日(月)には、4・5・6年生の子ども達が、一年間放置されていた「ドロドロの匂い立つ(?)プール」の清掃をしてくれました。4年生は今年の初参加でしたが、フールサイドを中心にトイレやシャワー周りを磨いてくれました。意外なほどに楽しそうに、そしてとってもよく頑張ってくれました。来年は、間違いなく全員でドロドロの中に降りたっています。(^^;)
 その後を引き継いだのが5・6年生ですが、鼻が曲がりそうなにおいに顔をしかめながらも、黙々と頑張ってくれました。プールサイドにこびりついた苔をこすり落とし、底を覆い尽くす怪しい緑色のヘドロに足を取られながら、悪戦苦闘の様子です。
 そして、終盤にさしかかる頃には、目の覚めるような水色のプールが戻ってきました。子ども達の顔もすっかり晴れ晴れとした表情に変わっていきました。まさに、「プールを磨いて、心も磨いた」子ども達でした。
2019年6月5日(水)
全校朝会(荒木先生)






 養護の荒木先生は、長崎の名物の内、西坂小学校での人気ランキングについて話してくださいました。
 ノミネートされた名物とは、「トルコライス、レモンステーキ、佐世保バーガー、いぎりす、クジラ肉、大村寿司、具雑煮、ハトシ、五島うどん、長崎ちゃんぽん、角煮」です。
 第3位は、「五島うどんとレモンステーキ」でした。
 第2位は、「長崎ちゃんぽん」でした。
 第1位は、「クジラ肉」でした。
 ランキング発表の後は、クジラ肉が弥生時代から食べられていたことや県民一人当りの消費量では長崎県が1番であること等を知りました。
 そして、歯科検診のことやこれからの紫外線対策などについても教えていただきました。

2019年5月26日(日)
運動会





















 今年の運動会スローガンにあったように、令和という新しい時代の運動会であり、創立100周年の年の運動会であり、まさに「記念すべき運動会」でした。さらに、暑さに体が慣れていない上に、季節外れの暑さが予想されたため、午前中のみでお弁当なしという初の試みに、こちらもある意味で「記念すべき運動会」となりました。(^^;)
 保護者や地域の皆様には、急な日程変更にもかかわらず、子ども達への変わらぬ熱い声援を送ってくださり、誠にありがとうございました。
 また、「パパレンジャー」の皆様には、早朝の準備から終了後の片付けまでを快くお手伝いくださり、本当に心から感謝申し上げます。
 本校の運動会では、昨年度までの体育科研究の成果をいかし、体育の時数を大幅に増やすことなく、効率的な練習に取り組んできました。
 子ども達も教師もそのことをしっかり踏まえ、内容の濃い練習を重ねてきました。そのことにより、本番当日の出来映えは、ほぼ100点満点が付けられるほどでした。改めて子ども達の力に驚かされました。

 運動会が午前中で終わり、後片付けが済んだ後は、各家庭で思い思いの過ごし方となりました。家族揃って体育館でお弁当を広げたり、大型商業施設のレストランに行ったりと、とても穏やかな一日となったようです。

2019年5月22日(水)
全校朝会(教頭先生)






 教頭先生は、西坂小学校の校歌について話してくださいました。西坂小学校の校歌は、昭和4年に制定されて以来、子ども達にはもちろん、卒業生や地域の皆様にも親しまれてきました。
 現在も子ども達は折に触れて校歌を歌いますが、歌詞の意味や込められた思いについては、日頃考える事はなかなかありません。
そこで、教頭先生から校歌について教えていただきました。
 1番の歌詞には、「西坂小の校舎までの様子や西坂小に通う子ども達の志」が謳われています。
 2番の歌詞には、「西坂小の場所の様子や西坂小で学ぶべきこと」が謳われています。
 3番の歌詞には、「西坂小から見える景色や西坂小に通う子ども達の熱い気持ち」が謳われています。
 100周年を迎える西坂小ですが、これからも大切にしていきたいと思います。
2019年4月17日(水)
歓迎集会&歓迎遠足

 天気が心配された17日でしたが、子ども達の日頃の行いの良さと願いが通じ、絶好の遠足日和となりました。
 子ども達もいつも以上に張り切って登校してきました。立山公園へのはやる気持ちを抑えつつ、まずは、体育館での歓迎集会が始まりした。
 初めに、1年生は、全校児童の前で、名前と好きなものを堂々と発表しました。その好きなものを紹介します。じゃがりこ、ねこ、みかん、マンゴー、全員、バドミントン、サッカー、いちご、キリン、ぶどう、小学校のみんな などでした。
 自己紹介の後は、各学年の出し物でした。「優しくしてあげますよ」「学校生活が楽しくなるアドバイス」「何でも聞いてください」「入学めでたい!」「嬉しい時ぃ〜!」
など、各学年のカラー(担任の持ち味)が存分に発揮された出し物でした。

 集会が終わると、いよいよ立山公園へ出発しました。御存知のとおり、学校から立山公園までは、情け容赦のない上り坂ばかりです。まさに、長崎の斜面地を代表するような地形ですが、1年生をはじめ誰も弱音を吐く子どもはいませんでした。
 目的地到着後は、リニューアルされた遊具や思い思いの遊びに夢中になりました。
 1年生を歓迎する気持ちを持ち、新しい仲間との出会いを楽しんでいる子ども達の顔はとても輝いていました。














2019年4月10日(水)
入学式

 西坂小に16名の元気な仲間が入ってきました。
 担任の先生の呼名に,みんな大きな返事ができました。わくわくどきどきの新生活の始まりです。

2019年4月8日(月)
始業式・着任式

 平成31年度の西坂小は,新しく9名の先生方を迎えスタートしました。
 今年も「か・が・や・き」の子を目指して頑張っていきます。