☆12月24日(木)☆
【2学期終業式の様子】
 一年間で最も長い2学期が終了しました。学習・スポーツ・読書と与えられたことに主体的に一生懸命に取り組むことができました。努力する姿がお子さん一人ひとりの成長の表れです。本日は、2学期の終業式を無事に迎えることができました。
 式の中で、校長先生はできるようになったことを賞賛しながらも、次のように話しました。
 冬休みの宿題として『2つのうち1つ取り組んでほしい。「毎日玄関の靴を並べること」または「1週間に1回トイレ掃除をすること」のどちらか1つを取り組んでほしい。兄弟姉妹がいる家庭は、時間帯や曜日をずらして行うなど工夫したり、この2つを今実施している人は、3つめとしてその他を考え取り組んだりしてもいいです。 楽しい行事が続く年末年始ですが、外で遊んだりしながら、心と体を鍛え新年1月8日に全員が元気で登校することを約束しましょう。』
 その後の児童代表の言葉では、1年生が全員で「頑張ったことや、やればできるようになったこと」を具体的に次のように発表してくれました。
 「漢字やカタカナを書けるようになりました!」「計算が速くできるようになりました!」「鍵盤ハーモニカを上手に弾けるようになりました!」持久走では最後まで頑張って走ることができました!」そして、最後に3学期への抱負として、「進んで元気いっぱいに挨拶をします!」と発表してくれました。
 今年最後の校歌斉唱も、大きな声で堂々と歌うお子さんたちの姿が頼もしく感じました。
 今年、出来たこと、成長したことをいっぱい褒めてあげてください。そして、残念ながら今年出来なかったことや、もう少し続ければできることを、励まして背中を押して取り組ませてみてください。
 今年一年の皆様方のご理解とご協力に改めて感謝申し上げます。
 来たる年が、皆様方によっていい年でありますことを願っております!
 2学期終業式の様子をご覧ください。