☆8月1日(土)☆
【合同ラジオ体操の様子】
 夏休みも8月に入りました。猛暑厳しい中、お子さんたちは元気に過ごしていることと思います。
 さて、本校の校区には19の子ども会があります。それぞれの地区では様々な行事や活動が計画・実施されていますが、この夏休み行事の一つとして、各地区で早朝のラジオ体操が行われています。お子さんたちも元気よく各地区で集まり、ラジオ体操を行っています。
 その各地区毎で実施しているラジオ体操を、例年8月1日に合同で行うよき伝統が本地区にはあります。今年も8月1日、本校運動場と住吉公園の2カ所で行われました。
 ラジオ体操は、一つ一つの運動をきちんと要領に沿って行うと想像以上に息が上がる運動といわれます。
 住吉公園ではラジオ体操の指導者も来られ、お子さんたちを始め早朝にもかかわらず集まってくださった保護者や家族の方々、地域の皆さんに丁寧にわかりやすく指導していただきました。
 夏休みは学校生活と異なり、朝の起床や夜の就寝が不規則になりがちです。
 しかし、学校生活と同じように夏休み期間の家庭生活でも、規則正しい生活を過ごしてほしいと願っています。
 早朝ではありますが、是非この各地区で行われているラジオ体操参加を通して、朝日が昇るすがすがしさや、周りから聞こえる小鳥のさえずりや町の音など、体いっぱいに感じながら、お子さんの規則正しい生活の始まりとしてもらいたいと思います。
 この日の合同ラジオ体操の様子を是非ご覧いただき、ご家庭でもお声かけをしていただけたら幸いです。ぜひご覧ください!
 
 
☆8月9日(日)登校日☆
【慰霊碑参拝の様子】
 本校の原爆慰霊碑をご存じでしょうか。
 あの日、昭和20年8月9日午前11時2分、原子爆弾投下で本校舎は全倒壊しました。本校在籍の児童146名、本校勤務の訓導(現在の教諭)4名の尊い命が犠牲となりました・・。(本校沿革史より)
 毎年8月9日の登校日は、全校児童が慰霊碑を参拝し、原爆や戦争の怖さ、平和の大切さについて深く考える日です。
 今年も、慰霊碑参拝では、学級を代表して水をかけたり、千羽鶴を飾ったり、線香をたてたりして、時間をかけて慰霊碑の参拝を行いました。
 厳粛な雰囲気の中、慰霊碑に向かって頭を深く垂れ、両手を合わせ、心静かに真剣に参拝する姿がとても印象的でした。
 慰霊碑は戦争の怖さを伝え、平和の大切さを語っているかのように、今日も静かに教え伝えくれています。
 この日は、毎年参拝に来られているという地域の方々がたくさん来校し、お花を捧げたり、手を合わせて参拝したりする姿をお見かけしました。
 今年も、心を込めて参拝するお子さんたちの様子を是非ご覧ください。
 
 
☆8月9日(日)登校日☆
【平和祈念集会の様子】
 8月9日登校日の様子その2です。
 この日、慰霊碑参拝を終えたお子さんたちは平和祈念集会に参加しました。
 人権平和委員会のお子さんたち自らの司会進行で、4年生・5年生による「平和学習の発表」などがありました。
 5年生は、1学期に一生懸命に取り組んだ平和学習を総括し、わかりやすくまとめた発表を行いました。「平和は西浦上小から!」を合い言葉に、これからも平和を愛し大切にしていく心を養い、身につけてくれることと確信しました。これまでの取組の過程がひしひしと伝わる、とても素敵な発表となりました。
 4年生は、総合的な学習の時間で、各グループに分かれて調べた学習の成果を発表しました。
 そして、11時2分の黙祷では、全員で平和への祈りを誓いました。犠牲になられた方々へ寄せる真剣な思いが伝わってきました。
 会の終盤、本校校長室に今も残る資料に記載されている、犠牲になられた本校在籍の児童一人ひとりの氏名と当時の状況が、パソコンで映し出されました。
 当時、本校在籍で被害に遭われ亡くなった児童の数は146人ですが、これまで総数としてしか知らせたり、伝えたりしていませんでした。しかし、そこには一人ひとりの命と共に、短くとも貴重な人生があったはずです・・。
 今回、スクリーンに映し出された一人ひとりのお名前を通して、この同じ長崎の地で、この同じ小学校に通う貴重な幼い命が確実に存在したことが、改めて全児童の胸に深く深く刻まれたことでしょう・・。命の尊厳と共に、146名の犠牲に遭われた児童一人ひとりに思いを寄せることができた感動的な時間でした・・。
 8月9日の登校日、平和を願い、これからも大切にしていく気持ちを改めて強くしたこの日の集会の様子を是非ご覧ください!! 
 

☆8月21日(金)登校日☆
【登校日の様子】
 夏休み2回目の登校日となった8月21日、学校では、主に夏休みの生活や学習などの学級指導と、校舎内の掃除などが行われました。
 お子さんたちにカメラを向けると、今夏の楽しかった家族での思い出話や、「やっぱり学校生活がいい!」と早くも2学期の始まりを待ち望んでいる話などをたくさん話してくれました。お子さんたちの輝く笑顔に、充実した夏休みを通して一回りたくましく成長している姿をひしひしと感じました。
 当たり前なのですが、学校の主人公はお子さん一人ひとりだなとつくづく感じました。

 
今夏、勉強や自由研究を頑張っている子、水泳やクラブ活動を頑張っいる子、素敵な本に出会っている子、旅行など楽しい出来事や活動を体験している子・・・、お子さんの胸に残る夏休みの思い出は様々でしょうが、最後まで充実した夏休みになることを願っています!
   
 さて話は変わりますが、楽しかった夏の思い出は大切に心の宝箱にしまって、9月1日からは2学期スタートとなります!
 2学期は一年でも最も長い学校生活で、学習にスポーツに、そして読書に最も適した秋や冬に季節は移行していきます。
 しかし、まだまだ残暑厳しい毎日が2学期当初は続くと思われます。体調管理に配慮しながらのスタートとなることが予想されます。
 2学期スタートに向けて、今からでも普段の規則正しい学校生活モードに徐々に戻していただき、お子さんの体調管理をお願いできればと思っています。
 
 9月1日、2学期が始まります!
 個々の夢の実現や願いに向かって、みんな同じスタートラインからの一日一日が始まります。個々の学力を高め、充実した2学期が過ごせるようにしていきましょう!
 一回り大きく成長したお子さんに会うのを楽しみにしています!笑顔いっぱい、元気いっぱいに登校してきて下さいね!
 8月21日、2回目の登校日となったこの日の様子をご覧ください!!