☆6月3日『虫歯予防集会』

 歯を大事にする「歯と口の健康週間(6/4〜6/10)」の期間に合わせて、保健委員会による「虫歯予防集会」が行われました。     
 劇あり、○×クイズありの楽しい集会となりました。虫歯ゼロを目指し、これからも正しく丁寧な歯磨きを心がけましょう!       
☆5月25日『運動会メモリアル2014』

朝の様子、昼食の様子を更新しました。
 どの学年のお子さんも一生懸命に全力で頑張った運動会の日の様子をご覧下さい!!
  ☆6月2日、5日『4年 浄水場見学』   

 社会科学習の一環として、浦上浄水場を見学し、しっかりと学習してきました。見学の様子をご覧下さい!                
  ☆6月6日『5年 平和ウォーク(その1)』

 真剣な表情で見学をしたり、調べ学習をしたりする姿がとても印象的でした。平和を愛する心をより一層強くした、この日の様子をご覧下さい!!
  
   ☆6月10日『第1回朗読暗唱発表会』

 日頃の練習の成果を全校の前で堂々と発表することができました。心を込めて大きな声で発表した3学級の様子をご覧下さい!
 
   ☆6月2日『外国語活動の様子』

 6年4組で行われた外国語活動の様子をお知らせします。
 英語に慣れ親しみながら、楽しく学習する お子さんたちの様子をご覧下さい!      
 
  ☆6月16日『水泳指導開始(6年生)』

 6月16日、6年生の水泳指導が行われました。まだまだシャワーの冷たさを肌に感じましたが、6年生は笑顔いっぱい、元気よく 水泳の学習に取り組むことができました。 
 初日は、主にお子さんたちの泳力調査を行いました。今後、ひとり一人のめあてに沿って学習していきます!!                
 
  ☆6月6日『5年平和ウォーク(その2)』

 真剣な表情で見学をしたり、調べ学習をしたりする姿がとても印象的だった5年生「平和ウォーク」の様子、その2です。平和を愛して大切にする心をより一層強くすることができた、この日の様子をご覧下さい!
 
  ☆6月13日『4年社会科見学の様子』

 私たちが出すごみの処理の方法や工夫などについて、実際に処理工場や、そこで働く方々の工夫や願いを見たり、聞いたりするために、見学学習に出かけました。
 埋め立て地の様子や実際にゴミの仕分けなどをする方々の仕事を見たり、願いを聞いたりして、私たちができるゴミの出し方の工夫などについて学ぶ姿が印象的でした。
 ゴミについての意識と理解を深めた4年生の見学の様子をご覧下さい!
 
     ☆6月20日『5年水泳指導』

 水泳学習の日を心待ちにしていた、お子さんは元気いっぱい、笑顔いっぱいに、水に慣れ親しんだり、主にクロールの泳力を高めたりして、学習目標に向かって、一生懸命に練習を開始しました。
 楽しく水泳学習するお子さんの様子をご覧ください!!
 
   ☆6月23日『教育週間 校長講話』

 全校朝会が体育館で開かれ、校長先生による講話が行われました。真剣な表情で校長先生の話に耳を傾け、命について深く考えるお子さんたちの姿がとても印象的で忘れられません。お子さんたちの様子と合わせてご覧ください!!  
 
   ☆6月23日、25日『読み語り会』

 本校の卒業生及び在校生のお子さんの保護者である、お母さん方の図書ボランティア「マザーズツリー」の方々による本の読み語り会が行われました。目を輝かせながら、本の世界に入り込んで聞く姿のお子さんたちと会の様子を是非ご覧下さい!!  
 
  ☆6月27日『5年平和キャンドル(前半)』

 平和学習を行っている5年生は、親子で平和キャンドルづくりに取り組みました。
  親子で楽しく、和気あいあいと取り組んだキャンドルづくりの様子をご覧ください。完成したキャンドルはどれも素敵なものとなりました!! 
 
    ☆6月25日『JRC登録更新式』

 本校はJRCに加盟し15年が経ちます。その間、自分にできる「よい行い」を積極的に見つけ取り組んだり、本校独自の朝の活動の1つ「VS(ボランタリーサービス)活動」を計画的に取り組んだりしてきました。
 単年毎の更新式となりますが、今年度も気持ちを新たに、JRCの一員として人に尽くし、自分の心を磨く活動が始まりました。
 今後、自ら進んで実践する姿がさらに多く見られることでしょう。
  新鮮な気持ちで臨む更新式のお子さんたちの様子を是非ご覧ください!! 
 
     ☆6月26日『語り継ぐ会』

 長崎市民として忘れてはいけない8月9日。あの日から69年が経とうとしています。被爆された方々も高齢化した今日、私たちは原爆の恐怖と平和の大切さを後世に語り継いでいかなければなりません。
 本校では被爆体験を忘れずに語り継いでいく決意を込めて、「語り継ぐ会」として毎年、実施しています。
 今年、被爆体験をお話ししてくださった語り部の方は城臺美彌子さんです。仕事の関係で両親は長崎から離れ、祖母と立山の自宅で暮らしていた当時6歳の時だったそうです。気を失い、気付いた時は床下に倒れていたとのことです。
 69年前、あの日何が起こったのかを切々とお話され、静かに話に耳を傾け、真剣な表情で聞くお子さんたちにとっては、どれも心に深く刻まれる話ばかりでした。
 お言葉の一つ一つに耳を傾け、真剣な表情でのお子さんたちの様子と合わせて、会の様子を是非ご覧ください!!