慰霊碑参拝(いれいひ さんぱい)
 
73年前の8月9日,午前11時02分 
長崎に人類史上2発目となる原子爆弾が投下されました。
原子爆弾による 熱線・爆風・放射線によって
その年のうちに7万数千人もの人々が犠牲になられました。

本校は,爆心地から約2Kmの距離にあり,
本校でも167名の児童と4名の教師が原子爆弾の犠牲となりました。

その犠牲者の霊を慰めるために慰霊碑が建立されました。
毎年8月9日にはこの慰霊碑の前で,子どもたちは平和への祈りを捧げます。

   
   
   
 

 

   
この日は,一般の方も参拝に訪れます。

   
   
   
   
   
 

 

原子爆弾によって亡くなられた方々をしのび,平和への祈りがささげられました。 
  平和集会へ