朗読暗唱発表会


 西浦上小学校では、以前から全学年で『朗読暗唱』に取り組んでいます。
 その成果を発表する「朗読暗唱発表会」が2学期からスタートしました。

 詩や散文などをみんなで声に出して読んだり暗唱したりすることを通して、
  1 日本語のリズム
  2 日本語の響きの美しさ
  3 みんなで声をそろえて読む群読の楽しさ
  4 詩や文章を覚えることの楽しさ
 を実感できるようにする。
 ということをめあてに取り組んでいます。

 9月12日(火) お昼の集会の時間を使って、第1回目の朗読暗唱発表会が開かれました。

    みんな静かに集まってきました。
 トップバッターは、3年1組の皆さん。

金子みすゞの「私と小鳥と鈴と」を
バリエーション豊かに発表してくれました。
 
   2番手は、4年1組の皆さん。
グループに分かれて、2学期最初の詩の教材
「忘れ物」「ぼくは川」と
発展教材「ぶどうだなの下」「夕日が背中をおしてくる」を
表現力豊かに発表してくれました。
 最後は、5年4組の皆さん。
1学期に学習した古典文学から
「竹取物語」「おくの細道」「徒然草」「平家物語」を
朗々と発表してくれました。
 
   
 
トップページへ戻る