2学期 始業式


 いよいよ今日から2学期が始まりました!
 この日を待ちわびていた子どもたち、元気に登校してきました。
 早速、運動場で友達と遊ぶ姿がたくさん見られました。



   
 元気なあいさつとともに体育館へ
 
    校長先生からは、『気づき・考え・行動する』ということについて、2学期に西浦上小学校の子どもたちにがんばってもらいたいことのお話がありました。

「…JRCでは、『自分のことだけでなく、他人(ひと)の役に立つことをしよう』という活動をしていますので、当然、『気づき・考え・行動する』ことで他人(ひと)の役に立つ人間になろうということです。
 その第一歩が『気づき』を大事にするということでした。じゃあ次は、何ですか?そう、『考える』ということですね。
 2学期は、特に『考える』ということを意識してがんばってほしいと思っています。人間と他の動物との大きな違いは、この『考える』という部分です。立ち止まって考えるということが大事なのです。
 みなさんも、よく考えないで行動し、失敗したとか、後で怒られたといった経験をしたことがあるでしょう?校長先生だってあります。ここでいう『考える』というのは、いろいろな場面に出合ったとき、つまり『気づいた』とき、どのような行動をすればよいか、どのような行動をすれば他人(ひと)の役に立ち自分のためにもなるかということを考えるということです。そして、それを習慣化することが大事なのです。
 まずは、慣れることですから、『考え』て動く習慣を身につけてください。そのためには、立ち止まることです。
 2学期の目標は『立ち止まって考える』ということ。ちょっと難しいかもしれませんが、やってみてください。2学期は6年生は修学旅行に小体会、5年生は宿泊学習、他の学年は社会科見学などいろいろな勉強が待っています。楽しいものもあれば、苦しいものもあるでしょう。その中で、『立ち止まって考える』ということを意識して、がんばってほしいと思います。
 さあ、いよいよ2学期のスタートです。実り多い秋にしましょう。」
 
 
  2学期の生活について 児童代表の言葉

 夏休みの楽しかった思い出と、2学期にがんばりたいことを
はきはきと発表することができました。               
   
 1学期の「あいさつ」に続き、「あるきかた」についてがんばっていきましょう 。
back