◇8月9日登校日(その2)  平和祈念集会の様子

 8月9日登校日の様子その2です。
 この日、慰霊碑参拝を終えたお子さんたちは平和祈念集会に参加しました。
 人権平和委員会のお子さんたち自らの司会進行で、4年生・5年生による「平和学習の発表」などがありました。
 5年生は、1学期に一生懸命に取り組んだ平和学習を総括し、わかりやすくまとめた発表を行いました。「平和は西浦上小から!」を合い言葉に、これからも平和を愛し大切にしていく心を養い、身につけてくれることと確信しました。これまでの取組の過程がひしひしと伝わる、とても素敵な発表となりました。
 4年生は、総合的な学習の時間で、各グループに分かれて調べた学習の成果を発表しました。
 そして、11時2分の黙祷では、全員で平和への祈りを誓いました。犠牲になられた方々へ寄せる真剣な思いが伝わってきました。
 会の終盤、本校校長室に今も残る資料に記載されている、犠牲になられた本校在籍の児童一人ひとりの氏名と当時の状況が、パソコンで映し出されました。
 当時、本校在籍で被害に遭われ亡くなった児童の数は146人ですが、これまで総数としてしか知らせたり、伝えたりしていませんでした。しかし、そこには一人ひとりの命と共に、短くとも貴重な人生があったはずです・・。
 今回、スクリーンに映し出された一人ひとりのお名前を通して、この同じ長崎の地で、この同じ小学校に通う貴重な幼い命が確実に存在したことが、改めて全児童の胸に深く深く刻まれたことでしょう・・。命の尊厳と共に、146名の犠牲に遭われた児童一人ひとりに思いを寄せることができた感動的な時間でした・・。
 8月9日の登校日、平和を願い、これからも大切にしていく気持ちを改めて強くしたこの日の集会の様子を是非ご覧ください!!