紙しばい

 7月 1 日 ぱれっとさんが、紙しばいを読んでくださいました。

 オープニングソングでイベントのスタートです。

 「今日は、紙しばいの後でこの星に書いてもらいたいことがあるので、この星を最後まで大事に持っておいて下さいね。」 

 この日の紙しばいは、「しあわせのバケツ」という作品でした。

紙しばいが終わり、ぱれっとさんは言いました。 「自分が言われて嬉しい言葉を星に書いて下さい。」 
子どもたちは、それぞれに自分が言われて嬉しい言葉を書き、ぱれっとさんへ持って行きました。
ぱれっとさんは、星と交換に、手作りの栞をくださいました。

 夏らしいデザインの素敵な栞に子どもたちは大喜びでした。ぱれっとさんのお陰で、西町っ子はこの夏も、たくさん本を読むことでしょう。 

ホームへ