被爆体験講話
 6月27日。講師の先生をお招きして、全校で被爆体験を聞きました。
 戦時中のくらしの様子、「熱線」「爆風」「放射線」という原爆の恐ろしさ、そして家族を亡くされた思いなど貴重な体験をお話してくださいました。
 
 子どもたちは講師の先生の思いを受け止め、真剣に話を聞いていました。
                         
   お礼の言葉です。「戦争が起こらないように、私たちが平和の大切さを伝えていきます。」
     
ホームへ