平和を願う会

8月9日。平和を願う会が行われました。
 会が始まる前に、5年生が資料館見学や「平和さるく」で学習したことを他の学年に説明しました。
 はじめの言葉です。「未来の平和を守る者として、平和の大切さをしっかり考えましょう。」
 5年生の発表です。全校で行ったアンケートの結果をもとに、原爆について説明をしました。
 1年生の発表は、「平和ってすてきだね」の群読と「花でかざって」の歌です。
 
 3年生は、被爆体験講話を聞いて考えたことを発表しました。
 平和への願いを込めて「青い空は」を歌いました。 各学級で考えた平和標語を発表しました。
11時2分。全員で黙祷を捧げました。  校長先生の話です。「学校のみんなが仲良しでありますようにと祈り、一人一人の心を平和のバトンでつないでいきましょう。」  終わりの言葉です。「最後の被爆者が亡くなる日は必ず来ます。平和の大切さを語り継いでいけるようにがんばっていきたいと思います。」
ホームへ