被爆体験講話

 6月30日。講師の先生をお招きして、全校で被爆体験を聞きました。
 戦時中のくらしの様子や、「爆風」「熱線」「放射線」という原爆の恐ろしさを、ご自分の体験を交えながらお話してくれました。
   子どもたちは、講師の先生の思いを受け止め、真剣に話を聞いていました。
 「平和のバトンを受け取ってください。」講師の先生が言われた言葉です。戦争のない世界にするために、これからの学校生活で私たちができることを考え、実行していきます。
 
ホームへ