平和を願う会

8月9日。平和を願う会が行われました。
 代表委員会で役割分担を決め、自分たちで会を進行します。司会は集会委員会です。  5年生のはじめの言葉です。「今日は平和についてしっかり考えましょう。」  まず、5年生の発表です。
 戦争が起こるまで、戦争時代の暮らし、原爆の威力、そして核兵器の現状などについて、詳しく、そして分かりやすく説明してくれました。
 1年生は、「二度と」というお話の群読と、「花でかざって」の歌を歌いました。
 

 

 3年生は、平和学習を通して考えたことを発表しました。「今の自分にできること、友だちと仲良くすることをがんばります。」  みんな色々な思いをもって、しっかりお話を聞いています。
 11時2分。全員で黙祷を捧げました。  平和への願いを込めて「青い空は」を歌いました。
 
 各学級で考えた平和標語を発表しました。  校長先生のお話です。「みんなと仲良くするためにはどうすればいいのか、今の学年が終わるまでしっかり考え続けてください。」
 
 6年生の終わりの言葉です。「平和は待っていてもやって来ません。自分たちでつくるものです。自分たちにできることをしっかりやっていきましょう。」
ホームへ