給食集会

  1月24日〜30日は、給食週間。2月3日に給食集会を行いました。 

 学年を越えて、交流給食を行いました。2学年の1クラスずつで、給食を一緒に食べながら交流を深めました。学年が上のクラスはメッセージを書いていて、下の学年の子はとても嬉しそうにしていました。

 いつも美味しい給食を作って下さっている調理員さんへ、全校児童がお礼のお手紙を書きました。クラスごとにたくさんのメッセージで感謝の気持ちを伝えました。
 給食集会では、はじめに給食の歴史について、給食委員会の5・6年生が説明しました。「これからも感謝の気持ちを持って、給食をいただけるといいですね。」
給食委員会の5・6年生が給食についての劇をしました。
 好き嫌いをすると・・・「なんだか具合が悪いなあ。勉強に集中できないなあ。」「好き嫌いをしたり、食べ物を残したりすると、体の調子が悪くなったり、勉強に集中できなくなります。みなさん、給食をしっかり食べて、丈夫な体を作りましょう!」
劇のあとは、給食に関するクイズがありました。
 「これは何をする機械でしょうか?」「ジャガイモを洗う機械です。むけ残ったジャガイモの皮は、調理員さんがひとつひとつむいてくれています。」
「全校児童のみなさん、給食を残さず食べるようにしましょう。これで給食集会を終わります。」
 集会の後に、2月の生活目標についてのお話がありました。「2月の生活目標は、“大切にしよう 自分の物も みんなの物も”です。物は話せません。物の心を分かって、大切に使うようにしましょう。物を大切にできる人は、人も大切にできる人です。落とし物ゼロになるようにしよう。」

     西町小学校のみなさん、みんなの物も、自分の物も大切にしていきましょう。

ホームへ