修学旅行A

7月23日 無事に壱岐に到着した6年生。この日は、太古の歴史を学びました。

 壱岐でお世話になるバスの運転手さんとバスガイドさんにご挨拶しました。

一支国博物館に到着です。 「どうぞ、よろしくお願いします。」

まずは腹ごしらえ。美味しいお弁当を頂きました。

お昼を食べ終えたら見学のスタートです。 スタッフの方が詳しく説明して下さったので、メモを取ることがたくさんありました。

弥生時代の人になりきって、ハイ、ポーズ! 

発掘体験です。お宝は見つかったかな?

人面石に似てるでしょ?

 土器の復元体験です。割れたパーツをうまく組み合わせて完成させます。

 「一支国博物館の皆さん、とても良いお勉強になりました。ありがとうございました。」

博物館見学の後には、原の辻遺跡へ行き、弥生時代の集落や住居について学びました。
有名な“はらほげ地蔵”です。 「本当に腹のほげとるよ!」
名勝“左京鼻”です。 美しい風景と断崖絶壁に、子どもたちのテンションはマックスです!
ホームへ