ありがとうの会

 3月7日 卒業を間近に控えた6年生が、これまで育てて下さったご両親、ご家族、お世話になった地域の方々へ感謝の気持ちを伝える会がありました。子どもたちは、小学校6年間での学習を生かしたグループ毎の出し物で、立派に成長した姿を披露しました。

「みなさーん、こんにちはー!」

「今から『ありがとうの会』を始めます。」 

社会科班の出し物「歴史人物からの挑戦状」 一人一人が歴史上の人物に扮してクイズを出していきました。

算数班の出し物「学校の体積は?」 実際に校舎の高さや長さなどを計測し、体積を求めた過程を発表しました。

音楽(バンド)班の出し物「ふわふわ時間」 大人顔負けのかっこいいバンド演奏でした。 

理科班の出し物「おもしろ実験」 まるで大学の研究発表のように、空気砲などの実験を披露しました。

 図工班の出し物「6年間の思い出」 自分たちで描いた背景画や創作した衣装などを使って6年間の思い出を表現しました。

体育班の出し物「人間〇〇」 逞しく育った肉体を生かし、組体操でいろいろな事物を表現しました。

音楽(合奏)班の出し物「ハピネス」 ダンスも交えた見事な歌と合奏でした。
国語班の出し物「はだかの殿様」 ブリックホールで見た劇団四季の「裸の王様」をアレンジした楽しい劇でした。

 「今から、みんなで大縄跳びにチャレンジします。」

 みんなで心を一つにして跳びました。本番に強い6年生は、練習の時よりも良い記録で目標回数を達成しました。

 「今日は、『ありがとうの会』に来て頂きありがとうございました。」

 感謝の気持ちを、6年間で成長した姿と共に伝えることのできた素晴らしい会でした。

ホームへ