平和文学朗読キャラバン

 7月11日 NBC長崎放送から林田繁和アナウンサーと早田紀子アナウンサーをお招きして、原爆や戦争をテーマにしたお話の朗読会が行われました。

「どうぞ、よろしくお願いします。」

 テレビでお馴染みのお二人に、子どもたちは目を輝かせていました。

文学朗読の前に、第2次世界大戦の概要についてお話がありました。

子どもたちは、熱心に聞き入っていました。
まず、戦争当時小学生だった子どもが書いた詩の朗読があり、次に「いのちの音」という本の朗読がありました。 
続いて、「おとなになれなかった弟たちに・・・」という本の朗読がありました。

 プロのアナウンサーによる見事な朗読に、子どもたちは引き込まれていました。

 朗読をして下さったお礼に花束の贈呈です。

 「今日は、お忙しい中来て頂き、ありがとうございました。」

 最後に、お二人を囲んで記念撮影をしました。

会の終了後には、憧れのまなざしでお二人に話しかけたり、握手を求めたりする子どももいました。

林田繁和アナウンサーと早田紀子アナウンサーには、平和について考える貴重な機会を頂きました。ありがとうございました。

ホームへ