ブラッシング指導

 9月4日 学校歯科医の石田先生と歯科衛生士さん、歯科衛生士学校の学生さんをお招きして、むし歯予防に大切であるブラッシング指導を行いました。

 給食後、まず自分で磨いた後、歯の染め出し液を使って磨き残しをチェックし、用紙に記入しました。そして、今度は鏡を見ながら入念に磨き直しました。

 保護者のご参加もあり、子どもたちの意識改善につながる有意義な学習となりました。

歯科衛生士さんや歯科衛生士学校の学生さんに助けていただきながら
歯の染め出しをしました。
歯の染め出しを行うと、自分ではきちんと磨いたつもりでも・・・
   磨き残しがあることが分かります。
鏡を使って磨き残しをチェックしました。
チェックが終わったら、磨き直しです。鏡を見ながら丁寧に磨きました。
4年生は一本一本確認しながら上手に磨きました。

 分かりやすくご指導をしていただき、ありがとうございました。

 歯を強くするためには、食生活の改善と、食後3回+寝る前に歯磨きをすることが大切であるというお話をいただきました。これまらも学んだことを生かして丁寧な歯磨きをがんばってほしいと思います。

ホームへ