神上地区について

 

 

 

 

長浦地区の様子を特集する第4弾は,

 

手崎地区にある三社神社に引き続き,

 

長浦の歴史文化的なものを紹介します。

 

 

 

 長浦小校区には神上地区が含まれています。 

 

 

神上(kamiage)・・・What's ?

 

と思われる方もいらっしゃることでしょう・・・。

 

そうかな?

 

ということで地元の人に尋ねてみました!!
曰く

 

「薬師さんの上にあるけん,神上地区たい。」

 

ということでした!!

なるほどね。
ということで

 

解決してしまいました!

 

 

おわり

 

 

 

いやいや,ここで終わってしまうと芸がないので,

 

これから

 

長浦郷神上地区の「薬師さん」を紹介します。

 

「薬師さん」って聞いて,

「ああ薬師如来だね。」

って答える方,

あなたはきっと,仏像マニアでしょう。

いや,

仏教でしょう。

実は

「薬師さん」とは

東方浄瑠璃界を司る

「薬師如来」なんです。

ちなみに西方浄土を司るのは

「阿弥陀如来」です。

「だから何だ?」

 

と言われそうですね・・・。

しかし,

そこで

 

「おやっ?」

 

と思われる方もきっといらっしゃるでしょう。

そう,

如来だから仏様なのに,

なぜ「神」???

さらに仏像を祀ってあるはずなのに

 

こんなものが・・・・。

 

 

そう,鳥居です。

 

 
なかなか立派な鳥居ですねぇ。

 

神様を祀るにふさわしい・・・。

 

いえいえ,神様ではなく仏様です。

・・・なはずです。

 

本殿らしきものが奥に見られます。

 

やっぱり神様を祀ってあるということでしょうか?

 

鳥居をくぐって境内に入ってみました。

 

 

見渡してみると

何やら階段らしきものが見えますね。

 

行ってみましょう・・・。

 

 

 

 

上に上れるようです。

しかも祠らしき物があります。

注連縄も見られますね。

 

やはり神様を祀っているということでしょう!!
 

ズームして見てみましょう・・・。

 

 

おやおや,注連縄つけているのに

仏像

祀っていますねぇ・・・。

 

 

釈迦如来でした。

 

 

注連縄つけて,仏様祀る??

 

 

なにやら,頭がこんがらがってきました・・・。

 

 

こうなったら,本殿もチェックすべし!!

 

 

ということでよく見てみると

 

 

やっぱり注連縄だ!

 

 

ここにはきっと神様が祀られているのでしょう。

 

 

おやおや?

 

神社の本殿に見られるような鈴ではないものが見られます。

 

しかも,

鈴(!?)から垂れたな布地・・・。

 

おかしい。

やはり,おかしい。

 

こうなったら,中をのぞくしかない!!
うん?
こりゃ・・・
仏様だ!!
薬師如来を確認しました。

 

そこで,気になることがいくつか・・・。

 

 

@なぜ仏を祀っているのに鳥居があるのか?      

Aなぜ仏を祀っているのに「神」と呼ぶのか?      

Bなぜ仏を祀っているのに注連縄をつけるのか?   

Cこんな変わった神社orお堂って他にもあるのか?  

 

 

この新春のHP制作者の大きな課題としたいと思います・・・・。

 

時間があれば紹介したいと思います。

「長浦について」へ

長浦小トップページへ