長浦地区 鬼火焚きがありました(1/7)

 今日,午後1時ぐらいから長浦公民館近くの田んぼで鬼火焚きがありました。地域の自治会などのお世話で竹が組まれており,そこへ三々五々,正月飾りを持った地域の方々と子どもたちが集まって来ていました。火がつけられると勢いよく燃え上がり,時折,竹のはじける音が鳴り響き,悪霊を追い払う事ができているようでした。学校正門の大きな門松や玄関内部に飾っていたミニ門松も一緒に焚いてもらい,御利益が一層揚がりました。書き初めのときの半紙を持ってきている人もいたので,鬼火の上昇気流に乗せて飛ばしたことでしょう。また,ぜんざいなどの子どもたちが喜びそうなものも地域の子ども会のお母さん方が作ってくださっていたようで鬼火で焼いた餅を入れて食べ,今年の無病息災を祈念する事もできたようでした。
 手崎地区や神上地区でも鬼火焚きが夕方から行われるようになっています。
「長浦について」へ

ホームへ