赤水について

 

 

 

 

長浦地区の様子を紹介するという

 

この企画

 

 

2年ほど更新されていないことから・・・ (すみませんでした)

 

きっと

 

 

 

 「担当者は転勤したに違いない!!」

 

・・・と,

 

思っていた方もいらっしゃることでしょう。

 

 

 

長浦の地区を全て紹介することなく,

 

ついに長浦小から去ってしまったのかと・・・。

 

 

 

 

ところが,

なんと,

 

 

まだ,長浦小に勤務していたんです!!

 

どうでもいいか。

せっかくなので

 

完全に忘れ去られていたこのコーナーを復活させます!!

 

復活第1弾のテーマとしましては,

 

 

 

長浦地区最大の秘境・・・・

 

 

赤水に決定!!

 

 

 

「せきすい?」

 

「あかみず?」

 

って呼び方で迷うことはないでしょう。

 

ええ,もちろん「あかみず」ですよ。

 

この地区には

 

あの有名な

 

琴海赤水公園があります!!

「そんなところ,知らないだって?」

 

あなたは,

 

長浦通ではありませんね?

 

※ながうらどおりではない。あしからず。

ご存じの方は言うまでもありませんが,

赤水公園からの眺望は

「最高!!」
なんです。
では,実際の画像を

 

見てみましょう。

どうでしょうか?
眼下には素晴らしい景色が広がりますね。
手前に長浦小文化センターが見えます。

 

日本中で有名になった

 

パサージュ琴海も見られます。

大村湾をへだてて

 

対岸には

 

大村市が見られます。

大村とは直線距離で

 

約20kmほど

意外に近いのです。

 

 

もともと,琴海は大村藩の一部だったし・・・。

 

この公園では,

キャンプ農業体験ができるほか

凧揚げ,ラジコン飛行機などで楽しむ方が多いです。

 

また,県民の森の近くでもあるので,

ドライブがてら立ち寄って

素晴らしい景色を眺める方も多いようです。

 

さて,

赤水公園をぐるっと回ってみましょう。

赤水には

赤水堤

というため池があります。

 

灌漑用水の為の施設なのですが,

 

調べてみると,

 

赤水堤の底には・・・

 

 

 

縄文時代の古代遺跡

 

 

が,残っているらしいのです。

 

 

この堤のどこに

遺跡があるのか,わかりませんね。

 

 

赤水堤の奥にやってきました。

 

 

小さな川の流れがありますね。

奥の方に行ってみましょう。

 

ちなみに,

この川は戸根原川といい,

長浦小学校すぐのところで大村湾に注ぐ

 

流程延長2.7kmの

2級河川です。

 

 

この管は一体何でしょうか?

 

赤水地区から通うMM君に尋ねてみると・・・。

 

「飲み水に使うって,じいちゃんが言っとった。」

だ,そうです。

 

 

上記のコメントを打ち込みながら,

気づきました!

M君兄弟は全員

イニシャルMMでした!

 

 

ちなみに

MM君とは,

この企画の続編で大きな影響を及ぼす

昨年度担任していた

MM君でした。

 

というか,

写真に写っていますね。

あはは・・・。

 

それはともかく

管づたいに登っていくと・・・。

 

取水舛がありました。

 

ここの水をそのまま引いているのか!

・・・と,思いましたが,

きっと,うまい水なんだろうなぁと思います・・・。

 

 

さらに,登っていくと,

かなりの渓流となっていますね。

 

 

戸根原川の最上流部になりますね。

 

 

 

 

 

途中で,こんなものを見つけました。

「ありじごくの巣」ではありません。

あしからず。

 

ここで水が伏流します。

 

川はここから地下を流れるのでしょうか・・・。

 

じつは,この上には県道が通っており,

分断したかたちになっていますが,

戸根原川はさらに続くのでした。

 

 

 

しかし,「赤水」という単語を何度も出していますが,

いっこうに

赤い水は出てきませんね。

 

 

一体,赤水地区の赤水とは

何なのでしょうか!?

 

 

 

赤水公園付近の紹介だけで第一弾が終わってしまいました。

ちょっと反省。

(いつものことか。)

 

さて,

赤水の名前の由来とか気になりますよね。

そして,

どんなところなのか知りたいですよね。

きっと,

多くの「?」がついた方も

いらっしゃることでしょう。

(本当かな?でも,淡い期待・・・)

 

 

次回は,

その辺りの内容を紹介していきますね。

 

 

 

お楽しみに!!

 

 

其の弐へ

 

「長浦について」へ

長浦小トップページへ