6年 戸根原川河口調査をしました(5/8)

 今日,3,4校時目に,6年生は学校裏の形上湾に浮かぶ小島に渡り,海の生物を調査しました。と言うのも,この小島は,大潮に近い干満の差が激しいときは,干潮の時,陸続きになるのでした。また,ちょうど戸根原川が形上湾に流れ込む地点でもあり,干潮の時は,中州が海面に現れて,さながら,海の上を歩いて回っているように見えるのでした。小島に渡ると,海辺の生物を採集して,担任の小原先生に名前や生態を尋ねていました。また,中州に渡った人たちは,潮干狩りのように砂地を掘り起こして,貝類を採っていました。濡れてもいいように服装や靴を準備してきていましたが,男子の中には,全身ずぶ濡れになって,走り回っている人もいました。採集した多くの貝類は,帰るときには,元の場所に戻してあげました。学校に戻って,観察したことを忘れないように記録しました。今日調べたことを元に,「長浦のよさ」をまとめていくことにしています。 

6年のページへ

長浦小トップページへ