長崎幼稚園は、明治20年4月1日の開園以来、120年以上の歴史と伝統を積み重ねてきました。その間、戦争や原爆投下など苦難の歴史もあり、園舎を転々とした時期がありました。長きにわたる先輩諸氏のご苦労、ご尽力、保護者や地域の皆様のご支援を思うとき、ただ敬意と感謝の気持ちを申し上げるしかありません。
                                     (詳しくはこちら → 沿革・歴史へ)

 これまで長崎幼稚園が培ってきた伝統は、現在も子どもたちの教育・保育に生かされています。これからも、この素晴らしい有形・無形の伝統を引き継いでいくことが私どもの使命であると考えております。