H30.12.5人権集会   
  12月10日(月)は世界人権デーです。女の都小では12月4日(火)から10日(月)までの1週間を
人権週間と位置づけ、様々な取組を行っています。12月5日(水)には、人権集会を体育館で行いま
した。人権に関する発表では、1年生が「ちくちく言葉」と「ふわふわ言葉」について、3年生が「私と小鳥
とすずと」の詩と「世界中の子どもたちが」の振りを交えての歌発表、6年生が「世界がもし100人の村
だったら」の発表を行いました。どの発表も人権を守ることの大切さが伝わるすばらしい発表でした。
交流遊びでは「おはじきジャンケンゲーム」で異学年の友達とたくさんふれあい、楽しみました。そして
各学級で話し合って決めた「なかよし宣言」をみんなで読み上げ、全校で「ビリーブ」を歌いました。校長
先生からは、「ふわふわ言葉」を広げていってほしいこと、世界中の友達に目を向けて考えることのすば
らしさ、「なかよし宣言」を実行することの大切さ、などについて話がありました。みんなの人権が守られ
安心して楽しく過ごせる女の都小学校を作り上げていきたいです。   
       
       
       
       
       
       


ホーム