H30.9.11全校集会(9月)   
  9月11日(火)に全校集会が行われました。校長先生からは、先日のアジア大会陸上でリレーメンバー
として金メダルを獲得した、桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手の話がありました。桐生選手は昨年の日本
学生対抗選手権において、男子100m走で日本人初の「9秒98」というすばらしい記録を出しました。
5年前の高校3年生の時にすでに「10秒01」という記録を出しており、注目を集めたそうです。しかし、
期待をされてから10秒の壁を越えるのに、4年間もの月日がかかりました。その間、「前、足が速かった
人」と過去形で話をされたりして悔しい思いもしたそうです。それでもあきらめず体作りや激しいトレーニ
ングを続け、ついに昨年の9月9日に「9秒98」という記録を出すことができたそうです。この出来事から
目標に向かって自分のできることを「続ける」ということがいかに大切かが分かると思います。女の都小の
子どもたちにも、勉強や運動など、自分のめあてに向かって努力を続けてほしいと話されました。
  校長先生の話の後は、放送委員会からの発表がありました。各曜日の担当の5,6年生から、昼の
放送で行っているクイズやなぞなぞ、本の読み聞かせなどがステージで生で行われました。普段はスピー
カーからの声でしか聞くことのできない放送が、ステージ上で見ることができ、子どもたちも楽しそうでした。
今後の工夫された放送を聞くのが楽しみです。   
       
       
       

ホーム