H30.7.6全校集会(7月)   
   7月6日(金)に、先日の台風で延期していた全校集会を行いました。校長先生の話では、6月の子
どもたちのがんばりが紹介されました。全校では「もくもく無言掃除」をしている人が増えたこと、1年生
は学校のきまりを守ろうとがんばっていること、2年生は生活科の学習でたくさん発表していたこと、3
年生は図書室の本を借りる子が多いこと、4年生は明るい歌声が教室から響いてくること、5・6年生は
プール掃除をがんばったこと、などです。そして毎日のよい行動やよい習慣が、自分たちの夢や目標
に向かう力となることを教わりました。
 そして、1学期最後の月である7月には、女の都小のめあてがどれくらいできているかふり返ってみて
ほしいと話がありました。めあては、
1.進んで発表し、人の話を聞いている。
2.「くん・さん」をつけて、友達を呼んでいる。
3.係の仕事(委員会の仕事)を忘れずにしている。
4.気持ちのよいあいさつをしている。
5.「はさみ歩き」をしている。
6.くつばこのかかとをそろえている。
7.「もくもく無言掃除」で、自分の仕事をしっかり行っている。
の7つです。このめあてをもう一度心に留め、毎日を大切に過ごしてほしいと話されました。
 生活の話は5年担任の桑田先生が行いました。7月の生活目標は「もくもくそうじにとりくもう」ですが、
桑田先生が今まで勤めてきたどの学校よりも女の都小が静かに掃除できているそうです。さらに1ランク
アップした掃除を行うには、・自分の掃除に集中すること、・「やりかた」を覚えること、・「終わったあと」を
どうするか決めること、が大切だと子どもたちに教えてくださいました。
 「終わりよければすべてよし」といいます。残りわずかな1学期の毎日をめあてをもってしっかり過ごして
くれることと期待しています。
       
       
       
       


ホーム