H30.1.30給食集会   
 1月24日から1月30日までの1週間は給食週間でした。食の大切さを学ぶとともに、給食に携わる
方々の仕事内容や大変さを知り、食べ物や給食に携わる方々への感謝の心を育てることを大きな目的
としています。最終日の1月30日(火)には、給食委員会による「給食集会」が行われました。「聞こえた
ね、いただきます。」というタイトルの劇と給食クイズを行ってくれました。「いただきます。ごちそうさま。」
の意味がよくわかり、給食の歴史も知ることができました。昭和30年代にはアメリカから贈られた小麦
を使ったパンを主食としていたことや、小中9年間で約1700回もの給食を食べることなどがわかり、
子どもたちも驚いていました。給食への感謝の心がたくさんつまったよい集会でした。   
       
       
       
       


ホーム