3年生 租税教室
290629
3年生が社会科の時間に、税務署から講師をお招きし「租税教室」を行いました。
税金による社会の成り立ち、税の種類、納税の義務、公共のサー−ビス、県や市の財政などを学びました。
一億円の重さを体験できる模型を持ってきてくださり、生徒たちはそれをかかえて、おどろいていました。 
     
     
     
           生 徒 の 感 想  
 大人になってお金をかせぐようになったら、きちんと税金を納めて、その時代の学生が今の自分のように何不自由なく学べるよう、貢献していきたいと思いました。   道路の整備や警察、消防を呼ぶためにも税金が使われている事を初めて知りました。      それと1億円の重さにもびっくりしました。今回の租税教室で、改めてお金や教科書などを大切にしようと思いました。    これから少子高齢化がすすむ日本に少しでも役に立てる事があればいいなと思いました。
*HOME *BACK