避難訓練(防犯講話)

 2月23日(水),今年度3回目となる避難訓練は防犯講話という形で行い,警察の方より不審者への対応について学びました。
 講師として,神浦駐在所の國實さんとスクールサポーターの山下さんに来ていただき,生徒ができる対処法などを実演を交えながら,分かりやすく説明していただきました。
 「自分の身を守るのは自分」です。もしもの時は,今日の講話を生かしてほしいと思います。

 神浦駐在所の國實さんは,今年度末でご退職になります。神浦に来ていただいてからの4年間,現在の中学生が小学生の頃より,登下校や校内外の生活の安心のため,日々,ご尽力していただきました。
 生徒たちは感謝の気持ちを伝えたいと,お礼のことばを考え,花束,色紙を準備し,講話の後に國實さんへお贈りました。

山下さんからのお話で
防犯講話の始まり

続いて國實さんより
不審者対処の実際を

後ろから襲われたとき
しゃがんで逃げる

生徒同士で練習しました
意外と簡単でした

前から捕まれたとき
股間を直撃 これが一番

音楽を聴いて歩いていたら
背後の不審者に気づかない

さすまたの正しい使い方
犯人に持たれないように

ナイフを持った相手には
このように身をかわす

もしもの時は役立てます
防犯講話のお礼

退職される國實さんに対し
4年間のお礼です

花束と色紙をお贈りしました
今後もお元気でいてください

感極まって涙を  國實さん
ありがとうございました
國實さん 4年間
ありがとうございました