本文へスキップ
平成30年度実施 九州地区中学校国語教育研究大会 長崎大会
<大会事務局>
長崎市立山里中学校
長崎県長崎市高尾町4-20
電話 095-845-1174
九国研 長崎大会 ようこそ長崎へ

平成30年度 九国研 長崎大会は無事終了いたしました。
九州内外より多くの先生方にご参加いただきましたことに、
心より感謝申し上げます。

大会運営にご協力いただきました先生方、会場校のみなさま、
本当にありがとうございました。



大会参加専用フォームはこちらです。
(別窓で東部トップツアーズ大会参加サイトにジャンプします。)
※大会参加申込・入金手続きは終了しております。
長崎大会二次案内はこちら


 


<研究主題>


豊かな言語感覚を育み、
学びをつなげる国語科教育の創造


 <期日>
 
平成30年11月8日(木)〜11月9日(金)

 <会場>
 セントヒル長崎(九州理事会・レセプション)
 長崎市民会館
  (開閉会式・公開授業・研究発表・記念講演)
 長崎市立梅香崎中学校(公開授業)
 長崎市立淵中学校(公開授業)

 
 
 
 
<記念講演>
11月9日(金)15:15〜16:35
    作家・演出家 鴻上 尚史          
 
  鴻上 尚史(こうかみ しょうじ)

作家・演出家。1958 年愛媛県生まれ。

1981 年に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手がけ「朝日のような夕日をつれて」「ハッシャ・バイ」「天使は瞳を閉じて」「トランス」などの作品群を発表する。
2011年に第三舞台封印解除&解散公演「深呼吸する惑星」を上演し、現在は、プロデュースユニット「KOKAMI@network」と、2008 年に若手俳優を集め旗揚げした「虚構の劇団」を中心に活動。
これまで紀伊國屋演劇賞、岸田國士戯曲賞、読売文学賞など受賞。舞台公演のほかには、エッセイスト、小説家、テレビ番組司会、ラジオ・パーソナリティ、映画監督など幅広く活動。
また、俳優育成のためのワークショップや講義も精力的に行うほか、表現、演技、演出などに関する書籍を多数発表している。
最近作(演劇)は、ニッポン放送×鴻上尚史「ベター・ハーフ」、近著に小説「青空に飛ぶ」(講談社)、「ジュリエットのいない夜」(集英社)など。
桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。
 
<大会アトラクション>
11月8日(木)18:30〜

 11月8日(木)レセプション時、中国国家一級俳優 姜鵬氏による川劇変面ショーをご覧いただけます。レセプションはどなたでも参加いただけます。お申し込みをお待ちしております。
 
 
更新履歴
更新日 平成30年 11月12日
2018/11/12 大会終了に伴い、内容を修正しました。
2018/10/30 大会事務局からのお知らせ、大会専用電話番号を追記しました。
2018/10/30 参加券・弁当引換券の当日受付配付について変更しました。
2018/10/19 大会申込部分を修正しました。
2018/10/11 大会申込期限を延長しました。
2018/09/11 大会申込を追加しました。
2018/08/31 大会二次案内・会場案内等を追加しました。
2018/08/31 内容を修正しました。
2018/08/29 大会日程等を更新しました。
2018/08/23 研究概要・分科会および公開授業を更新しました。
         ※第5分科会・第6分科会について確認・修正しました。
2018/08/21 公開授業を更新しました。
2018/08/08 研究概要・分科会を更新しました。
2018/07/09 研究概要を更新しました。
2018/07/05 記念講演・会場アクセスを更新しました。
2018/03/07 会場アクセスを更新しました。
2018/03/02 研究概要にこれまでの研究の取組を追記しました。
2018/01/18 サイトを公開しました。

 
「大会日程・案内」を作成しました。(平成30年 1月16日)

大会日程のページに移動します。

 大会日程・案内へ