<学校紹介>

沿革誌抄

教育方針

所在地 校歌

長崎市立小江原小学校 教育の基本方針

1)教育目標と教育方針

 長崎県及び長崎市の教育方針を踏まえ,地域と児童の実態に則し,さらに児童の自主性を尊重する立場を大切にし「子ども一人一人が伸びる教育」の実現を目指したい。そのために学校目標を具現化し,豊かで清新な「小江原小学校の教育」の推進を図る。

子ども一人一人が伸びる学校

豊 か な 心

た く ま し い 体

豊 か な 学 力

きまりを守り,思いやりと
理解の心で助け合う
子ども

健康安全を心がけ,
体をきたえる子ども

すじ道を立てて考え,
正しく判断し,ねばり
強くやり通す子ども

 

ア.

教育目標を達成するために,有効適切な実践方策を設定し,学校の全機能を結集してその具体化に努める。

イ.

充実した学習の展開を支えると共に,体験的な実践活動の場となる学校環境づくりに努める。

ウ.

学習指導要領に基づく教育課程の実践を深め,「生きる力」の育成を基本とし,授業改善を図る。

エ.

児童の安全確保のための具体的方策を立て,計画的に推進して事故防止に努めると共に,諸事態に対応できる能力と態度の育成に努める。

オ.

個々の児童の性格や生活態度を見極めて個人指導すると共に,全児童を把握し,家庭・地域との連携,職員の共通理解のもとに生徒指導に当たる。

カ.

児童一人一人を大切にした人間尊重の教育を基本に,いじめや差別を許さないための人権・同和教育,特別支援教育の実践及び平和の尊さを実感できる教育の推進を図る。

キ. 事務の効率化,適正化に努めるとともに,環境にやさしい学校づくり(エコスクール)を推進する。

 

1)教育目標と教育方針

1.

学級,学年集団づくりを中心にして,「思いやりと理解の心で仲良く助け合う子ども」を育成する。
2. 算数科の少人数指導,特別支援教育を中心にしながら,「学力向上プラン」に基づいて,個に応じた教育の研究・実践を図る。
内と外に開かれた学校づくり

  高めあう集団づくり ― 心の教育と生活指導の充実を図る

○基本的生活習慣の徹底

 ・読書習慣の定着

 ・落ち着いた学校環境づくり

 ・自己を見つめる道徳の時間の充実

  安全・安心な学校づくり ― 心と体を鍛える

 ・集団遊びの充実

○心を磨く清掃活動

 ・けがや病気の予防

 ・学校,家庭,地域が一体となった児童の安全確保

  教えて,考えさせる授業づくり ― きめ細やかな学習指導を行う

 ・学習訓練の徹底           

 ・音読,漢字,計算などの基礎的学力の定着

 ・表現力の向上

家庭学習の習慣化

トップへ