長崎市教育研究所の歴史

 ○昭和26年4月1日 長崎市立勝山小学校の一室に設置する。
  〔所長1・部長2(小中学校各1)・所員6・用務員1をもって発足〕
 ○昭和27年3月20日 「長崎市教育」創刊号を編集発行する。
 ○昭和27年7月25日 「長崎市教育立地計画」を3か年の継続事業として着手する。
 ○昭和27年11月1日 長崎市教育委員会の発足により、教育研究所は長崎市教育委員会の管轄となる。
 ○昭和31年10月23日 長崎市教育研究所条例を定める。
 ○昭和32年2月15日 庁舎を旧英国領事館に移転し、別館を資料室として改装し、資料の整備に努力する。
 ○昭和41年10月19日 創立15周年記念講演会を開催する。
 ○昭和43年5月22日 全国教育研究所連盟総会並びに研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○昭和45年2月7日 研究所主催の第1回研究発表会を開催し、以後毎年実施する。
 ○昭和46年1月11日 創立20周年記念新春教育座談会を開催する。
 ○昭和51年4月1日 開所25年を迎える。
 ○昭和56年4月1日 開所30年を迎える。
 ○昭和58年9月1日 特殊教育に関する教育相談業務を常設する。
 ○昭和61年2月20日 県内教育研究所連盟研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○昭和62年3月25日 「長崎市教育(35周年記念)」第38号を発刊する。
 ○昭和63年2月1日 「長崎市教育」第39号を発刊する。(第4学年社会科学習における地域素材の教材化特集)
 ○平成元年2月9日 県内教育研究所連盟研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○平成元年4月1日 登校拒否相談指導教室設置
 ○平成3年4月1日 旧市長公舎に移転し、組織を拡大するとともに、少年センターの相談部門と随時連携し、指導効果
  を高める。
 ○平成3年4月1日 登校拒否相談指導教室を学校適応指導教室と名称変更
 ○平成4年2月7日 県内教育研究所連盟研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○平成4年4月1日 学校週5日制の事務局となる。(但し、平成5年度まで)。
 ○平成6年3月25日 「長崎市教育」第42号を発刊する。
 ○平成7年2月3日 県内教育研究所連盟研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○平成7年4月7日 長崎市教育研究所所報第1号を発刊する。
 ○平成8年2月23日 長崎市教育研究所歴代所長教育座談会を開催する。
 ○平成8年5月31日 教育相談フリーダイヤル設置
 ○平成8年7月19日 長崎市いじめ・登校拒否対策事業開始
 ○平成9年7月7日 FAX設置。教育相談(夜17 : 15〜9 : 00)
 ○平成10年1月30日 県内教育研究所連盟研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○平成12年5月1日 長崎市教育研究所条例の一部改正により、市民会館7階へ移転する。
 ○平成13年2月6日 県内教育研究所連盟研究発表大会を長崎市において開催する。
 ○平成13年7月25日 会計検査院実施調査(コンピュータ整備推進)
 ○平成13年10月10日 市緊急雇用創出事業 パソコンオペレータ7名学校派遣開始
 ○平成14年3月18日 相談室仮設増設工事 4月1日から使用開始
    29日  
 ○平成14年4月22日 不登校対策事業(長崎市緊急雇用創出事業)として、メンタルフレンド3名を任用する。
 ○平成14年4月22日 メンタルフレンド3名に辞令交付式
 ○平成14年5月20日 教育研究所運営連絡会の設置
 ○平成14年5月30日 ヤングアドバイザー学校訪問開始
 ○平成14年6月11日 市緊急雇用創出事業 パソコンオペレータ7名採用 学校派遣開始
 ○平成15年4月28日 不登校対策事業(長崎市緊急雇用創出事業)として、メンタルフレンド5名を任用する。
 ○平成15年5月1日 市緊急雇用創出事業として、パソコンオペレータ7名任用、学校派遣開始
 ○平成15年6月6日 ワークシェアリング パソコンオペレータ1名任用
 ○平成16年2月24日 長崎県内教育研究所連盟教育フォーラム長崎大会を長崎市において開催する。(教育課程班発表)
 ○平成16年4月1日 学校適応指導教室を「ひかり」と命名する。
 ○平成16年4月12日 不登校対策事業(長崎市緊急雇用創出事業)として、メンタルフレンド5名を任用する。
 ○平成16年4月26日 市緊急雇用創出事業として、パソコンオペレータ4名を任用し、うち3名学校派遣開始。
 ○平成16年7月9日 あじさいワールド「ガイドライン」「インターネット使用に関するルール・マナー集」配信開始。
 ○平成16年9月26日 センターメールサーバ増設。
 ○平成16年12月28日 あじさいワールドトップページリニューアル。(合併6町立小・中学校を合む。)
 ○平成17年2月25日 県内教育研究所連盟教育フォーラム大村大会にて教育相談班発表。
 ○平成17年4月18日 メンタルフレンド3名を8校(小4校、中4校)へ派遣を開始する。
 ○平成17年6月2日 全国教育研究所連盟長崎大会に参加し、教育相談班が発表する。
 ○平成18年1月26日 教育研究所研究発表会を開催する。
 ○平成18年2月20日 県内教育研究所連盟教育フォーラム佐世保大会に参加し、情報教育班が発表する。
 ○平成19年2月23日 県内教育研究所連盟教育フォーラム長崎大会に参加し、教育課程班が発表する。
 ○平成19年4月16日 メンタルフレンド4名を13校(小4校、中9校)へ派遣を開始する。
 ○平成20年2月22日 県内教育研究所連盟教育フォーラム大村大会に参加し、教育相談班が発表する。
 ○平成20年4月21日 メンタルフレンド4名を13校(小3校、中10校)へ派遣を開始する。
 ○平成21年2月19日 県内教育研究所連盟教育フォーラム佐世保大会に参加し、情報教育班が発表する。
 ○平成21年5月7日 国緊急雇用創出事業にて、特別支援教育推進調査員2名を任用する。
 ○平成21年5月11日 メンタルフレンド5名を15校(小3校、中12校)へ派遣を開始する。
 ○平成22年1月25日 県内教育研究所連盟教育フォーラム長崎大会に参加し、教育課程班が発表する。
 ○平成22年5月10日 メンタルフレンド7名を20校(小2校、中18校)へ派遣を開始する。
 ○平成22年5月10日 特別支援教育推進調査員2名を任用する。
 ○平成23年1月24日 県内教育研究所連盟教育フォーラム大村大会に参加し、教育相談班が発表する。
 ○平成23年4月11日 ソーシャルワーカー2名を配置する。
 ○平成23年4月21日 メンタルフレンド8名を22校(小5校、中17校)へ派遣を開始する。
 ○平成23年5月2日 特別支援教育推進調査員2名を任用する。
 ○平成23年9月1日 教育研究所の壁の撤去工事が完了し一室となる。相談室1室増。
 ○平成24年1月23日 県内教育研究所連盟教育フォーラム佐世保大会に参加し、情報教育班が発表する。
 ○平成24年4月23日 メンタルフレンド8名を23校(小2校、中21校)へ派遣を開始する。
 ○平成24年5月10日 市緊急雇用創出事業にて、特別支援教育推進調査員2名を任用する。
 ○平成25年1月22日 県内教育研究所連盟教育フォーラム長崎大会に参加し、教育相談班が発表する。
 ○平成25年4月1日 就学相談員2名配置。長崎市メンタルフレンド専任相談員1名配置。 
 ○平成25年4月22日 長崎市メンタルフレンド7名を21校(小2校、中19校)へ派遣を開始する。
 ○平成26年1月22日 県内教育研究所連盟教育フォーラム大村大会に参加し、外国語活動班が発表する。 
 ○平成26年4月1日 早期支援コーディネーター2名、就学相談員1名を配置。 
○平成26年4月21日 長崎市メンタルフレンド8名を22校(小1校、中21校)へ派遣を開始する。

トップページへ