方   針


長崎市教育方針

 
 長崎市教育委員会は,生涯学習の振興を目指し,学校・家庭・地域社会が連携を保ちながら,一体となってそれぞれの教育機能を十分発揮するよう努め,もって教育基本法に明示された教育の目的の達成を期する。
  特に,長崎市の地域的特性と社会的要請にかんがみ,相互信頼と平和希求の精神に満ち,国際性に富む市民の育成に努める。


長崎市教育努力目標

  ○ 自ら学ぶ力と豊かな心を育てる学校教育の実現
  ○ 平和希求の心を培う教育の推進         
  ○ 平等な社会づくりをめざす人権教育の推進   
  ○ 心豊かで,たくましく生きる青少年の育成    
  ○ ふれあい,学びあうまちづくりの推進
  ○ 潤いとゆとりをもたらす市民文化の振興
  ○ 健康な心とからだを育む体育・スポーツの振興  


長崎市教育研究所方針
開かれた教育研究所
専門的な見地からの研究や,研究援助ができる教育研究所
学校に直結した研究推進員の発展的な研修に努める教育研究所
多様な相談業務に予防的・積極的に対応できる教育研究所

  • 長崎市教育研究所設置の趣旨に基づき,本市の教育方針・教育努力目標を踏まえ,学校教育の充実と振興を図るため,全国教育研究所連盟共同研究と関連をもたせ,4分野(教育相談,情報教育,特別支援教育,外国語活動)による専門的・継続的な研究を行う。
  • 障害のある幼児児童生徒の就学・進級及び家庭・学校での生活の在り方等についての教育相談を通して,適正な教育措置及び教育内容や生活についての指導助言を行う。
  • 不登校児童生徒への支援・援助をより充実させるとともに,適切な指導助言を行う。
  • 各関係機関と随時連携し,教育相談業務の充実を図る。
  • ICT活用の推進を図る。
  • 教育情報の収集と各学校への情報提供に努める。
  • 学校を支援するために,開かれた教育研究所の運営に努める。

トップページへ